top_img



facebook  Follow COLDFEET on Twitter soundcloud mixcloud beatport COLDFEET COLDFEET Watusiの私塾

INFOMATION

2015.12.02

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

MORE >>>

2015.09.09

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

MORE >>>

2015.06.23

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

MORE >>>

2015.04.21

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

MORE >>>

2015.04.06

[4/7 配信開始] ナマコプリ / アートの神様 (COLDFEET Remix)

MORE >>>

2014.12.03

[12/3] Watusi ソロ 1st Album “Technoca” リリース!!

MORE >>>

2014.11.24

10/28 Watusi ソロ2nd EP “Don't Toch Me” リリース!! 渋谷発のファッショナブルな2014年型 トーキョーエレクトロ誕生!

MORE >>>

TOP

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

今作は英詞カバー曲がYou Tube上で1ヶ月に180万回再生され話題となり、2012年にユニバーサルよりデビューしたGILLEをフィーチャーした第2弾EP。今年「香港アジアポップミュージックフェスティバル」でも日本人初のグランプリ含む3冠を受賞したGILLEの歌唱力/表現力を存分に活かした、今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナルを始め、ダイアナ・ロスやジェセリン・ブラウン(インナー・ライフ)の独特のカバー、日本の今に向け急遽作成されたボブ・マーリーのディープ・ファンク的アプローチのインスト・カバーなどを収録した4曲入り(別Ver.含め計7曲入り)。

専用販売サイト http://tdo.base.ec

● 2015/12/3 発売予定 2nd EP (7トラック入り) ¥1,000(税込)BWRCD-102
Tokyo Discotheque Orchestra feat. GILLE
 M1. Dance With Me (Lyric by GILLE / Music by Lori Fine)
 M2. I'm Caught Up (Inner Lifeカバー)
 M3. I'm Coming Out (Diana Rossカバー)
 M4. Get Up Stand Up (Bob Marleyカバー)
 M5. Dance With Me   (Short Ver.)
 M6. I'm Caught Up   (Dub)
 M7. Dance With Me  (Instrument)

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

本日Watusiがメンバーとして参加するTokyo Discotheque Orchestraの1stEP「Tokyo Discotheque Orchestra feat. SILVA」がリリース!直販CDのみの販売となります!ボーカルにSILVAさんをお迎えしてたディスコチューン「正しいディスコ」(Lori作曲)他、名曲カバー収録!

---------------------------------
Tokyo Discotheque Orchestra feat. Silva EP(12cm CD)
---------------------------------
¥ 1,000(税込)

1. 正しいディスコ
 (Lyric by SILVA Music by Lori Fine)
2. Relight My Fire
 (Written by D. Hartman)
3. Celebration
 (Written by Ronald Bell, Kool & The Gang)
4. Pick Up The Pieces
 (Written by R.Ball, H.Stuart & AWB)
5. 正しいディスコ (Extended)
6. Relight My Fire (Extended)
7. Celebration (Extended)
---------------------------------
直販サイト
http://tdo.base.ec/

正しいディスコPV
https://www.youtube.com/watch?v=2FKoL38C_z4

CLOSE

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

●2015/06/23発売 Watusi / Technoca Remixes 2

収録内容:

1. Tokyo Techno Drive (SEKITOVA Hundred Years House Dub)
2. TokyoTechno Drive (KENSHU Tokyo Bass Drive Mix)
3. Underline (takehiro okuyama Remix)
4. TokyoTechnoDrive (motoki hada Remix)

iTunesリンク
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-2-ep/id1006563226






COLDFEETとして数多くのクラブヒット作品をリリースし、アーティスト・プロデュースなども手がけてきたWatusiが昨年にリリースしたキャリア初のソロアルバム「Technoca」。その収録楽曲を若手クリエイターがそれぞれのスタイルで再構築するというコンセプトで制作されたリミックスEPの第二弾「Technoca Remixes 2」がヴィーナス・カワムラユキのプロデュースで設立したミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」から6月23日にiTunes他で配信リリースとなる。

この「Technoca Remixes 2」は渋谷道玄坂のカルチャースポットとして知られるウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の最終リリースで、最後を飾るに相応しい、正に”切り札”な内容となっている。

参加リミキサー陣には次代の日本のクラブシーンを担う重要人物が揃っている。2014年のJ-HIPHOP最重要トラック[DJ SOULJAH - aaight ft. KOHH & MARIA]のプロデュースを手がけ、ソロアルバム「SINFUL DOLL」をリリースしたばかりのKENSHU

若干20歳ながらBIG BEACH FESTIVAL(2013), WIRED CLASH(2015)に出演しエレキング編集長野田努氏から「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評される、若手大注目株のDJ兼トラックメイカーのSEKITOVA

さらにUMEKやLen Fakiのリリースで知られるドイツのmonoid recordingsを始め、スペインやオーストラリアのレーベルなど世界各地で数多く作品をリリースしている京都在住のクリエイター Takehiro Okuyama 、またWatusiが後進育成の為に定期的に開催している「Watusiの私塾」より、ベルリン「Berlin Aufnahmen」、ミュンヘン「Eminor Binary」など同様に多くの海外レーベルから作品をリリースしているmotoki hadaが参加し、それぞれのクリエイティビティが爆発した個性的なリミックスを提供している。

アートワークスは前作に引き続き、芸術家アイドルユニット、ナマコプリとして新曲「あったらいいな JAPAN」をリリースし、各方面にて話題沸騰中のナマコラブが担当。地球人であるWatusiの発信するテクノビートに反応する宇宙人たちをイメージしたビジュアルとなっている。

しぶや花魁5周年記念企画「5枚の切り札」の一覧は以下の通り

第一弾リリース[ナマコプリ / アートの神様 REMIX]
https://itunes.apple.com/jp/album/atono-shen-yang-coldfeet-remix/id979864420

第二弾リリース[Watusi / Technoca Remixes]
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-ep/id986755899

第三弾リリース[Sakiko Osawa / Fullmoon feat. 斎藤ネコ]
https://itunes.apple.com/jp/album/fullmoon-feat.-zhai-tengneko/id990116936

第四弾リリース[ナマコプリ /あったらいいなJAPAN]
https://itunes.apple.com/jp/album/attaraiina-japan-ep/id997324931

CLOSE

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第2弾はCOLDFEETの Watusi Technoca Remixes!昨年リリースしたキャリア初のソロ作品を若手実力派クリエイターが完全フロア・ユースに大胆リミックス!
COLDFEETとして数多くのクラブヒットを持つWatusiのキャリア初のソロアルバム「Technoca」(2014年12月リリース)の楽曲を、テクノ~ハウス系のアーティストがリミックスしたEP「Technoca Remixes」が4月21日にiTunes Storeより配信リリースされる。これは渋谷道玄坂のカルチャースポットとして、多様なメディアを賑わしているウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の第2弾リリースで、しぶや花魁とそのミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」の主宰者であるヴィーナス・カワムラユキの全面プロデュースによって制作されたものだ。参加リミキサー陣は新世代の台頭を感じさせる若手実力派たち。昨年にアムステルダムのレーベルより世界デビュー後、ファッション・ラインを持つなど新たな渋谷カルチャーの担い手として躍進中の才女「Sakiko Osawa」が、俳優・三上博史のボイスサンプルを大胆にミックス・アップした楽曲「Last Dance」を筆頭に、ベルリンのMULLER RECORDSよりアルバムをリリースした注目株「Hiroyuki Arakawa」、大阪を拠点に活動中のカリスマ的なサウンド・クリエイター「DJ OMKT」、バークレー出身の新鋭、作/編曲家兼サックス奏者でもある「Yasuhisa Inoue」がリミキサーとしてもデビュー。どの楽曲もリミキサーの個性を感じる完全フロア仕様のリミックスだ。アートワークスは第1弾リリースとして「アートの神様(COLDFEET Remix)」をリリースした芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」のナマコラブがキャラクター制作のみならずデザインも担当。まさにしぶや花魁ならではのコネクションとムードを感じる作品に仕上がっている。

CLOSE

[4/7 配信開始] ナマコプリ / アートの神様 (COLDFEET Remix)

渋谷道玄坂のカルチャースポット、音楽(クラブ)と愛(エロス)の街・円山町の台風の目として知られるウォームアップ・バー「しぶや花魁」が6月に迎える5周年を記念して、自身のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」からヴィーナス・カワムラユキのプロデュースによる5作品連続配信企画「5枚の切り札」をリリースする。

第一弾はナマコプリ x COLDFEET

第一弾は芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」と、数多くのクラブヒットを持つプロデュース・チーム「COLDFEET」との異色コラボによるアッパーなディスコ・チューン「アートの神様(COLDFEET Remix)」を4月7日に配信!卓越したLori Fine嬢のボーカルとの絡みは必聴です。

1. アートの神様 (COLDFEET Remix)
2. アートの神様 (COLDFEET Remix) inst
https://itunes.apple.com/jp/album/atono-shen-yang-coldfeet-remix/id979864420
●リリックビデオ
https://youtu.be/AaNyfndzl3Y

CLOSE

[12/3] Watusi ソロ 1st Album “Technoca” リリース!!

ローリー・ファインとのユニット、コールドフィートで数多くのクラブ・ヒットを生み出す東京クラブ・シーンのベテラン、ワツシがデビュー36年目にして何とソロ・デビュー・アルバムを完成 !

彼独自のスタンスから着眼した今回のサウンドはテクノ・ミュージック。ゲストにはサオリリスから三上博史まで超個性派アーティストが集った全く新しい、オリジナルのトーキョー・テクノ・サウンド。これはワツシのテクノ化?これはテクノか?ワツシの古くからの友人、ヴィーナス・カワムラユキが運営する渋谷発のウォームアップバー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」がトータル・プロデュースした話題作!!

話題トラック満載!!!
・アルバム先行第一弾シングルとして配信限定でリリースされた「Tokyo Techno Drive」はiTunesのダンスチャート3位をマーク!
・人気アニソンDJ、サオリリスが初の歌声を披露する「Donʼt Touch Me」はアルバム先行第2弾シングルとして配信リリースが決定した注目トラック!
・アルバムには何と俳優の三上博史がゲスト・ヴォーカルで参加した作品を収録予定!
・アートワークは芸術家ナマコラブとマコ・プリンシパルによる芸術家アイドルユニット、ナマコプリが担当!OIRANガールズが全面バックアップ!!


●Release Information
2014.12.03 Release
ARTIST : Watusi
TITLE : Technoca

定価¥2,200+税

Tracklisting :
1. Freak Out
2. Tokyo Techno Drive
3. Underline
4. House Junkies
5. Last Dance feat. Hiroshi Mikami
6. Drop Box
7. Technoca
8. From Ostgut
9. Daddy's Techno
10. Last Train to Amsterdam
11. Non Fiction
12. Don't Touch Me feat. Saolilith
13. Tokyo Techno Drive feat. Nonoka

https://soundcloud.com/atsushi-watusi-tsunoda/last-dance-feat-hiroshi-mikami
https://soundcloud.com/atsushi-watusi-tsunoda/daddys-techno

CLOSE

10/28 Watusi ソロ2nd EP “Don't Toch Me” リリース!! 渋谷発のファッショナブルな2014年型 トーキョーエレクトロ誕生!

●Release Information
2014/10/28 Release
ARTIST : Watusi
TITLE : Don't Touch Me

Tracklisting :
1. Don't Touch Me feat. Saolilith (Original Mix)
2. Don't Touch Me feat. Saolilith (Multi Touch Mix)
3. UNDERLINE
4. Tokyo Techno Drive (electrounin Remix)
【OTOTOY 配信限定】
5. Tokyo Techno Drive feat. Nonka (DJ TAKI-SHIT SKY HIGH REMIX)
試聴LINK
https://soundcloud.com/atsushi-w…/dont-touch-me-ft-saolilith

●作品概要
渋谷発のウォームアップバー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」主宰、ヴィーナス・カワムラユキのプロデュースによるWatusi(COLDFEET)ソロプロジェクト第二弾EP「Don't Touch Me」配信リリースが10月28日(火)に決定!

ありとあらゆるダンス・ミュージックの可能性を探求してきたWatusiが2014年にデビュー36年目にして着眼した「TECHNO」というキーワードの元、8月28日にリリースの前作「Tokyo Techno Drive feat. Nonoka」で披露したポエトリーとテクノサウンドの華麗なる融合に続き、今作「Don't Touch Me」で魅せるのは、2014年型トーキョーエレクトロ!
ニューウェーブ ~ テクノという系譜の中で、昨年には待望の来日を果たしたジョルジオ・モロダー氏とも対談を果たし、「Studio 54」を始めとするディスコ・ミュージックの歴史を独自の感性でコンパイルするなど、加速度を上げて総括されてゆくミュージックシーンの歴史の流れと共に、過緊張気味の世の中に一喝を与えるようなエネルギッシュなサウンドが完成。
Frankie Goes To Hollywoodを連想させるベースラインとタイトなビートに乗せて、生理的かつエモーショナルなボーカルをパフォーマンスするのは、コスプレアニソンDJとして全国各地でパンキッシュな活動を展開するサオリリス。今作のプロデューサーでもあるヴィーナス・カワムラユキによる全ての実体験を題材にした甘さゼロの全英語詞を、日常の不条理を突き破るかのように吐き出した。

アート・ディレクションには渋谷を中心に絶大な人気を誇るファッション・ブランド「THE TEST」のディレクター&プロデューサーとして活動中のRisshi Satoが担当。
毎月不定期配信が決定している2.5D「WOmB presents しゃれおつカンケイ2」オープニング曲として継続的にO.Aが決定している。

カップリングには12月3日に遂にリリースが決定したWatusiのデビュー・ソロ・アルバム「Technoca」の全貌を予期させる硬質なプログレッシヴ・テクノ・トラック 「Underline」と、同様にシーンの歴史を繋ぐ事を目指してWatusiがスタートさせた私塾の塾生によるリミックス・コンテストからの優勝トラックであり、気鋭のクリエイターelectrounin(中山篤史)による独自のエレクトロニカ的手法とドープな解体と再構築で綴る「Tokyo Techno Drive (electrounin remix)」を収録。正にシーンの今と歴史を包括するEPとなっております。

Saolilith (サオリリス) 
世界をにぎわす、元祖コスプレアニソンDJ!&鳥取県ふるさと大使(ガチ)!
アニメキャラのコスチュームに身を包み、萌え燃えアニメに電波ソング、アイドルソングにJpop、可愛い顔してエモなプレイでフロアを沸かす、変幻自在な活動スタイルはまるで"魔法少女"!?

https://itunes.apple.com/jp/album/dont-touch-me-ep/id926165151

SCHEDULE

2016.02.11

Thursday Butterfly 〜WatusiのBalearic 7"DJの夜会〜Valentine Special MORE  >>>

2016.02.05

Fuente Music with Eric Kupper supported by nagomiMORE  >>>

2016.01.23

FPM20th BEST Album「Moments」Release Party @高崎 WOALMORE  >>>

2015.12.31

THE SUN & THE MOON presents COUNT DOWN PARTY 2016MORE  >>>

2015.12.24

Thursday Butterfly 〜WatusiのBalearic 7"DJの夜会〜X'mas Special @しぶや花魁MORE  >>>

2015.12.14

OTAIRECORD DJ UNIVERSITY presents 「Watusiの私塾 -サウンドプロデュース中級編-」MORE  >>>

2015.12.13

BIG CRUNCH 6th Anniversary PartyMORE  >>>

2015.11.27

「須永辰緒DJ30周年記念PARTY」新木場ageHa@STUDIO COASTMORE  >>>

2015.11.22

zerosan @青山ゼロMORE  >>>

2015.11.22

IDPS 5 YEARS BASH ! @ 渋谷 R LoungeMORE  >>>

TOP

CLOSE

Thursday Butterfly 〜WatusiのBalearic 7"DJの夜会〜Valentine Special

21:00 music start / Entrance Free (1Drink order when you get in)

DJ:Watusi(COLDFEET)
feat DJ:VENUS KAWAMURA YUKI

昨年にOIRAN MUSICより、初のソロアルバム「Technoca」をリリースしたCOLDFEETのWatusiが、その天邪鬼な音楽性の原点とも言える、現在までに出会ってきた、今でも共有したい、させたいジャンルレスな音楽の数々を(ほぼ)7インチ・レコードを使ってお届けする、しぶや花魁木曜夜の新演目。
第四夜となる今回は、OIRAN MUSIC プロデューサーのヴィーナス・カワムラユキがメロウなラウンジ・セットで参加。
しぶや花魁と所縁の深い、二人のDJ/プロデューサーがそれぞれのルーツをPlayし合う特別な夜となることでしょう。

CLOSE

Fuente Music with Eric Kupper supported by nagomi

Open:22:00
Door: ¥3,500 / With Flyer: ¥3,000 / Before 24:00: ¥2,000

世界の名だたるレーベルMinistry of Sound、Defected、King Streetや、Danny Kravit、Joe Claussel、Simon Dunmore等多くのアーティストからありとあらゆる垣根と国境を越え、支持を得るHIDEO KOBAYASHIが、新たにDeep Houseにフォーカスし世に送り出すレーベル“Fuente Music”が始動。
過去にもHIDEO KOBAYASHIと“This Way”“Beautiful Moment”など燦然と輝くヒットを生み出してきたヴォーカルChrista、リミキサーにHed Kandi設立のメンバーでもあるEric Kupperを迎えた“When Love Was Infinite”が初のリリース。更に2ndリリースにはHIDEO KOBAYASHIとCOLDFEET初の共作となる“Look For Light”が控えている。
この夜は新たなレーベルのローンチ・パーティーとして1stシングルのリミキサーでもあるEric Kupperの来日が決定。さらにBASS HOUSEを提唱するKENTARO TAKIZAWA、2ndリリースで参加のWatusi (COLDFEET) が出演。サポートには青山0のカウントダウンパーティーをサポートするなど活躍著しいnagomiクルーが参加する。Fuente Musicが創造して行く新たなDeep Houseの世界を感じられる一夜に期待して欲しい。

=ARC Tokyo=
Eric Kupper
Hideo Kobayashi (Fuente Music)
KENTARO TAKIZAWA
TSUTOMU (nagomi/SAWAGI FES)
kiccho (DAY&NITE/Circle steps)

=ARC Room=
Watusi (COLDFEET)
Midori Aoyama
Atsushi Ueguchi (nagomi/Jazztronica)
KENTARO (nagomi)
BAKI×WAC (nagomi)

VJ
Comboy

CLOSE

FPM20th BEST Album「Moments」Release Party @高崎 WOAL

◾️FPM20th BEST Album「Moments」Release Party @高崎 WOAL
OPEN/START 21:00
ALL NIGHT EVENT
◾️SPECIAL GUEST DJ 
田中知之(FPM)
Watusi COLDFEET
◾️DJ
CHAPPY
TAKUMA
YAMAMOTO
TORU!SPACY
TARO
ERIKO
◾️前売り3000円 当日3500円
(共に1Drink込み)
https://www.facebook.com/events/197287103945568/

CLOSE

THE SUN & THE MOON presents COUNT DOWN PARTY 2016

★オープン時間:
22:30~4:00

★料金設定:
当日 4,000円(1ドリンク付) 前売 3,500円(1ドリンク付) *イープラスにて販売 http://eplus.jp/cdp2016/VIP 席チケット 1テーブル(4名席) 30,000円(モエ1ボトル付)

★タイトル:
THE SUN & THE MOON presents
COUNT DOWN PARTY 2016

★ACT
<THE SUN>
LIVE:
藤原ヒロシ x 猪野秀史 x Watusi (COLDFEET) x オカモト・ショウ

DJ:
DJ NORI
MURO
par-cee
Mr.conNYroo
SASARISA

<THE MOON>
LIVE:
akiko

DJ:
Watusi (COLDFEET)
DJ KAWASAKI
社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
AMIGA
OHISHI (SODEEP / WITT / JMC)
BEBE

★会場情報:
Museum Cafe & Restarant THE SUN & THE MOON
Roppongi Hills Mori Tower 52F
6-10-1 Roppongi,Minato-ku,Tokyo 106-6152
TEL : 03-3470-0052
http://thesun-themoon.com

CLOSE

Thursday Butterfly 〜WatusiのBalearic 7"DJの夜会〜X'mas Special @しぶや花魁

21:00 music start / Entrance Free(1Drink order when you get in)

DJ:Watusi(COLDFEET)
Guest DJ:Heigo Tani(Co-fusion/Wall5)

昨年にOIRAN MUSICより、初のソロアルバム「Technoca」をリリースしたCOLDFEETのWatusiが、その天邪鬼な音楽性の原点とも言える、現在までに出会ってきた、今でも共有したい、させたいジャンルレスな音楽の数々を(ほぼ)7インチ・レコードを使ってお届けする、しぶや花魁木曜夜の新演目。
第三夜となる今回は、ジャパニーズ・テクノのサウンド・プロデューサー&DJとして、伝説のユニット「Co-fusion」などの活動で知られるHeigo Tani氏がディスコ・セットで参加。
しぶや花魁と所縁の深い、二人のDJ/プロデューサーがそれぞれのルーツをPlayし合う特別な夜となることでしょう。

CLOSE

OTAIRECORD DJ UNIVERSITY presents 「Watusiの私塾 -サウンドプロデュース中級編-」

19:30 OPEN
20:00 イベント開始
22:00 懇親会
23:00 終了
ticket : 2000円
場所 : spazio rita
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄5丁目26ー39 GS栄ビル B-1
TEL052-265-7176

http://www.otaiweb.com/event/watusi2015_12_14/

CLOSE

BIG CRUNCH 6th Anniversary Party

BIG CRUNCH 6th Anniversary Party
DAY2 TECHNO CLUSTER

http://www.bc-rec.com/

■DATE:2015-12-13(Sun) 14:00 START
■VENUE:CLUB MAGO

■LINE UP
■GUEST
Q'HEY(REBOOT,TORQUE)
TAKAAKI ITOH(Wols)
Watusi(COLDFEET)
SEKITOVA
DJ ×××(Secret!!)

■INFORMATION
■VENUE:CLUB MAGO
■TICKET:3000yen

CLOSE

「須永辰緒DJ30周年記念PARTY」新木場ageHa@STUDIO COAST

Open : 23:00~

【出演者】 ※50音順
<LIVE>
■クレイジーケンバンド 
■EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX 
■Sunaga t Experience SPECIAL BAND
(Tres-men+TRI4TH HORNS)
feat. akiko, arvin homa aya, ECD, Zeebra, BOO, RINO LATINA II, YOU THE ROCK★

<DJ>
■須永辰緒(Sunaga t Experience) 
■伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE 
■大沢伸一 
■大貫憲章 
■沖野修也(Kyoto Jazz Massive) 
■沖野好洋(Kyoto Jazz Massive/ESPECIAL RECORDS) 
■DJ KAWASAKI
■Q-HEY 
■クボタタケシ 
■KO KIMURA 
■小西康陽 
■小林径 
■社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS) 
■DJ JIN (RHYMESTER/breakthrough) 
■SHINCO(スチャダラパー) 
■鈴木雅尭(April Set/Premium Cuts) 
■高木完  
■高宮永徹 
■vinylDJ 竹花 英二(Jazzbrothers) 
■DJ DIRTYKRATES a.k.a. ZEEBRA 
■田中知之(FPM) 
■DJ NORI(KONTACTO) 
■DJ HISAYA a.k.a Diggin’ Journalist 
■DJ PMX 
■松浦俊夫 
■DJ Marcy 
■DJ MAYURI 
■MURO 
■Yama a.k.a. Sahib 
■Watusi (COLDFEET)
■秋吉健太 
■櫻井喜次郎(Tres-men) 
■Nao Nomura 
■DJ Niche 
■吉永祐介

<TALK LIVE> 吉田類

<GOGO GIRLS> Aqua Dolce / Coco Flame / Haruka Delsole / MISS CABARETTA / Norie / Yuumi

<DRAG QUEENS> BAMBI / JASMINE / MAKO / REGINE
詳しくは、http://ste30.com/

【会場】ageHa@STUDIO COAST http://www.ageha.com/
(住所)東京都江東区新木場2-2-10
(最寄駅)東京メトロ有楽町線/JR京葉線/りんかい線「新木場駅」から徒歩15分
(TEL)03-5534-2525

【料金】 前売券 ¥3,500(税込) / 当日 ¥4,000(税込)

【チケット】 下記にて好評発売中!
■ローソンチケット http://l-tike.com/sunaga-t/ TEL: 0570-084-003 <Lコード: 75572>
■HMV record shop 渋谷 TEL: 03-5784-1390

【限定コラボチケットセット】
■HYSTERIC GLAMOUR×須永辰緒DJ30周年 コラボTシャツ+前売りチケットセット
<価格>¥10,000(税別) <発売日>10月中旬~下旬予定(※確定次第、イベント公式サイトにて発表)
<サイズ>【WOMEN】 FREE (1サイズ) 【MEN】 S / M / L / XL(4サイズ)
※全国のHYSTERIC GLAMOUR店舗 および HYSTERIC GLAMOURオンラインストア(http://store.hystericglamour.jp/)にて販売(数量限定、なくなり次第終了)
■Amadana Music レコードプレイヤー1台+前売りチケットセット
<価格>¥18,500(税込) <発売日>9/15(火) AM10:00〜
※「Makuake」内Amadana Musicサイト(https://www.makuake.com/project/amadanamusic/)にて販売(限定50セット)

[主催] 須永辰緒DJ30周年記念PARTY実行委員会
[協賛] OCEANUS / STARBUCKS® / HYSTERIC GLAMOUR / Amadana Music
[協力] TokyoWalker / Walkerplus

【イベント・オフィシャルサイト】 http://ste30.com/
【イベント・オフィシャルサイトFacebook】https://www.facebook.com/ste30party

【お問合せ】 info@ste30.com(須永辰緒DJ30周年記念PARTY実行委員会)

※20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きますので、顔写真付きの身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい(コピー不可)。
ご本人様と確認出来ない場合にはご入場をお断りする場合がございます。
※出演者は、予期せず変更となる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

CLOSE

zerosan @青山ゼロ

11/22 03 - zerosan @青山ゼロ

青山ゼロで約一年ぶりに開催される「03 - zerosan」は、kazuaki noguchi (modewarp) / AWANE (seeds and ground) / solaly a.k.a Masami (ngoma / gumuna)の3人のレジデントに加え、kazuaki noguchiとのMODEWARP名義での活動でも知られる今年DJプロ歴30年を迎えるKo Kimura、そしてLORI FINEとのCOLDFEETでの長きにわたる活動に加え新しいディスコをキーワードにTokyo Discotheque OrchestraをスタートさせたWatusiという日本の誇るレジェンドDJ2人を召喚!!

毎度恒例のLive PaintingにWAIFone、Silk Screen Paintingにmaeschineを迎え、ミュージック&アートを融合させた異空間を青山ゼロに作り出します!!

http://aoyama-zero.com/club/1233/

CLOSE

IDPS 5 YEARS BASH ! @ 渋谷 R Lounge

No DJ, No LIFE!

DJ TSUYOSHIとSAMY CPUが主任講師を務めるDJスクールIDPS(International DJ& Production School)が今年の10月に5周年を迎えました!

支え続けていただいている皆様への感謝を込めまして、渋谷のRラウンジで特別講師であるKO KIMURA、Q’HEYに加えてUbarTmarを招請し、「IDPS」5周年イベントを開催します。

また、20時からは注目の風営法改正について、C4の主宰者であるCOLDFEETのWatusiをトークショーパネラーとして招き出演DJとトークショーを繰り広げてもらいます。

特別ゲスト、主任講師の渾身込めたプレイはもちろん、卒業生・在校生も交えたDJ陣が11月22日の祝宴を大いに盛り上げます!

2015.11.22(SUN)-23(MON)
Open 20:00-22:00 Talk Show / Event Open 22:00-7:00

Venue: R Lounge,Shibuya, TOKYO http://rlounge.jp/
東京都渋谷区宇田川町4-7 トウセン宇田川ビル6F&7F
6th&7th floor, Tousen Udagawa build.
4-7 Udagawa-Cho, Shibuya-ku, Tokyo

ENTRANCE: 20:00-22:00 Talk Show
¥1,000(No Drink)
Event Open 22:00-7:00
Door ¥2,000 (No Drink)
Discount ¥1,500 (No Drink)

内容:20:00〜22:00 / 風営改正についての現状報告とQ&A MCはWATSUSIさんと主任講師のDJTSUYOSHI
パネラーはKO KIMURA/Q’HEY
22:00 ~ 7:00 / イベント開催!6Fがメインフロアで、7FがIDPS CONNECTUS フロアになります

◇6F MAIN FLOOR◇
◆◆Special Live Set◆◆
UBAR TMAR

◆◆Guest DJs◆◆
 KO KIMURA
 Q’Hey
 FUNKYGONG
 Fusion Beats
 SUMIROCK

◆◆IDPS Teachers◆◆
DJ TSUYOSHI 
 SAMY CPU
 満ちる
 YOHDO
 
◆VJ : INKSY / techmacmaya.com

◇7F IDPS SPECIAL SECOND FLOOR◇
YUDA
 MIU
 Kazue Miyazaki
 Moon Dawn
 NINO
 ERINA BLACK ROSE
 K-DigNoize
 Shinga
 NINJA
 Yuc
 kandemic
 MINOMAR
 Irgreen
 Aska
 Beat Integra
 WHAMMY
 Chinchilla Silva
 Afasia
 Takumi Denshi
 でんたく
 peyton place
BLACK BOMB
 


https://www.facebook.com/events/893886900647604/

BIOGRAPHY

  • Japanese
  • English
  • Korean

COLDFEETはアメリカ人の心理学者を父、そして琴の演奏者である日本人を母に 持つオレゴン生まれのコンポーザー兼ヴォーカリストのLori Fineが、プロデューサー/ベーシスト/プログラマーとして豊富なキャリアを持つ Watusiを共通の友人を通じて紹介されたところからスタートしている。エキゾチシズムを備えたツイステッドな音楽や、Sam RaimiやDavid Lynchの描く世界観などといった共通の価値観をお互いに見出し、LoriとWatusiはグループを結成、比類のない官能的かつファンタジックなCOLDFEETの世界がスタートした。

1998年、Sony Musicとアルバム7枚の契約を結び、1st シングル「Pussyfoot」をリリース、Cloud9(Nookie)、Ray Keith等をロンドンから迎えジャパン・ツアーを行い音楽雑誌を始め様々な媒体より注目を浴びる。岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の制作チームが手がけた「Pussyfoot」のプロモーションビデオは、国内の音楽番組にてヘビ-・ロテーションを獲得、またMTVヨーロッパのプログラム「Party Zone」を通じて世界41カ国、6千万世帯に向けて放送された。

印象的かつ様々な表現力を備えた彼等のヴィジュアルはファッション界においても注目度が高く、Christian Dior / John Galliano、Cartie、Tiffany & Co. 等ハイブランドの海外をも含むスペシャル・イベントにゲストとしてパフォーマンスを提供。またOHYA! and his Astro BoyやArrston Volajuのコレクションの音楽も担当する等、独特のポジションを築く。

その後Sony Musicより3枚のアルバム (含むリミックスアルバム)、1枚のミニアルバム、5枚のシングルを発表。CompostやBPM King Street、Disorient等のレーベルを通じて世界各地でもリリースされ話題を呼んだ。

2001年に入ってからはSony Musicを離れ、3枚目のアルバム「COLDFEET Presents Jazzfeet」を制作する傍らアンダーグラウンドとメジャー・シーンを繋ぐプロデュース・チームとしても活躍し始める。アルバムが続けてミリオンセラーになった中島 美嘉の多くのシングルを初め安室 奈美恵、hiro、BoA、Chemistry等を手がける。Loriは作詞 / 作曲家としてSMAP、Chemistry、bird等にのべ100以上の楽曲を提供。またその印象的なVocalはMONDO GROSSO 、m-flo、SUGIZOから最近ではFreeTEMPO、DAISHI DANCE等多彩なアーティストからのオファーを受け数多くのクラブ・ヒットを生み出す。Watusiのソロワークも海外のレーベルのオファーを受け、英Climate Records、米Kriztal Recordsなどからリリースされている。

2004年よりNew Wave DiscoやFunky Houseを独自の解釈で取り入れたスタイルを作り出し5枚の12inch を連続リリース。FreeTEMPO、Sugiurumn等と全国のクラブでDJ / Liveツアーも行い各地で話題となる。2005年12月、Mondo Grossoも参加の4枚目のアルバム「BODYPOP (avex / rhythm zone)」は日本のみならず韓国、中国、台湾、タイなどでもリリースされ、国内主要ラジオチャートにチャートインを果たす。3,000人以上を集めた韓国カウントダウンライブを始めソウル、台北、上海、北京等アジアでのツアーも積極的に行う。またRemixを中心とした「BODYCHOP (avex / rhythm zone) 」、初のベスト盤「BEST (Sony) 」も2006年3月にリリースされた。

2007年7月11日には1年半ぶりの5th album「Feeling Good (Grand Gallery)」をリリース。アルバムからの先行シングルEP「I Don’t Like Dancing」はDaishi DanceのRemixも収録、販売と同時に即完売し週末のクラブでかからない日は無いというスマッシュヒットとなる。

2008 年にはコロムビアに移籍し、今までにLoriがゲストとして参加した楽曲を集めたコンピレーション・アルバム「Footworks feat. Lori Fine」をリリース、録り卸しで収録されたOne / DJ Kawasaki feat. Lori Fineはモエ・エ・シャンドンネクター・アンペリアルのキャンペーン・ソングとなる。12月10日にはCOLDFEET10周年を記念する6th Album「TEN」をリリース、即日iTunes Storeダンス・アルバム・チャート1位を獲得。同時期にリリースした「TEN Remixes vol.1」(同チャート1位)、Extendedバージョン収録の「On and On」(同チャート2位)を含め、数週間にわたりアルバムTOP10に3タイトルをチャート・インさせるという快挙を達成。

’09年8月には豪華リミキサー陣を招いた「TEN remixes」をリリース。11月には生前のマイケル・ジャクソンから正式に許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。

COLDFEET is based in Tokyo, Japan's largest and most intriguing city. A duo, the band features composer/vocalist LORI, the daughter of an American clinical psychologist father and Japanese harp-playing mother, and WATUSI, a co-founder of the legendary drum-and-bass outfit Mushroom Head who has produced and played bass on more than 100 CDs.

COLDFEET fuses playful eroticism, sensual vocals and captivating melodies with a lush cinematic ambience, positive, provocative lyrics, and an offbeat humor anchored by the dichotomous themes of personal strength and vulnerability. The result is a unique, inventive sound that retains the appeal of pop while embracing the bite of new wave, jazz and rock. LORI and WATUSI have been influenced by an array of artists, from Devo, Massive Attack and Sade to Gershwin and Ella Fitzgerald, as well as the films of David Lynch and Sam Raimi. This diversity of media and genres is fundamental to the COLDFEET sound.

COLDFEET's popular debut single, "Pussyfoot," was quickly embraced by listeners and the music press. After a successful first tour of major markets across Japan, LORI and WATUSI set to work on the "Pussyfoot" video. Set at night in the dark, storied forests near Mt. Fuji and shot by film director Iwai Shunji's "Swallowtail" crew, the piece showcased COLDFEET's mastery of visual impact and their innate flair for distinctive, surrealistic imagery. The video enjoyed heavy rotation on Japanese music programs and was highlighted on "Party Zone," a popular show that reaches 60 million households in 41 countries under the auspices of MTV Europe.

COLDFEET's novel partnership has fast become a favorite of the Japanese media. LORI and WATUSI have been featured in more than 60 music and fashion magazines, and have done dozens of guest appearances on radio and MTV Japan. Their striking, chameleonic visuals and cinematic sound have also garnered favor with the fashion industry: COLDFEET have scored music and performed for the shows of top designers such as Christian Dior (John Galliano), OHYA! (Astro Boy) and Koshin Sato (Arrston Volaju Haute Couture).

COLDFEET's albums and maxi-singles are available on SONY Music Entertainment (Japan). Their singles have charted in the top ten in Japan, and their other work, including remixes by Francois K., Truby Trio and Smith&Mighty, has been licensed and released in both North America and Europe. They continue to be highly sought after as writers, producers, musicians, and performers in the Tokyo and national music scenes.

Since 2004, COLDFEET released four 12-inch vinyl dance singles with their unique interpretations of new wave, disco, and funky house including “Bodypop,” “Superthing,” “Mop Me Up,” and “Boom, Clang, Bang.” Quickly becoming a club live show favorite throughout Japan, COLDFEET has toured with FreeTEMPO, Sugiurumn, akakage, and other top DJs. Their much awaited album, including a dance single featuring Mondo Grosso, was released in Autumn 2005.

On July 11th, 2007, COLDFEET released their 5th album, “Feeling Good” (Grand Gallery) for the first time in one and a half years. The single EP “I Don’t Like Dancing”, which includes a Daishi Dance remix, was a smash hit. The single sold out immediately and became a “must play” song at clubs. 



After changing their record label to Columbia Music Entertainment in 2008, COLDFEET released a compilation album “Footworks feat. Lori Fine”; all tracks featured Lori Fine and were compiled by Watusi. The song, “One / DJ Kawasaki feat. Lori Fine” was used as the theme song for the MOET & CHANDON NECTAR IMPERIAL campaign. 


On Dec. 10th of the same year, commemorating the 10th anniversary of their debut, COLDFEET released their 6th album “TEN”, which hit #1 on the iTunes Dance Album Chart and went on to spend several weeks there.


“TEN Remixes vol.1” which was released two weeks before the album “TEN”, also ranked #1 on the iTunes Dance Album Chart. While these two albums remained in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart, the extended versions album “On and On” was released, and all three albums were then simultaneously in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart.


In August of 2009, COLDFEET brought in a lavish team of remixers for the release of "TEN remixes". In the following November, having received Michael Jackson's official permission prior to his passing, COLDFEET released the covers album "MJ THE TOUR" attracting tremendous interest for the duo as well as the plush lineup of guests on the album.

TOP

DISCOGRAPHY

CONTACT US

Name
E-mail
Comment
 

TOP