top_img



facebook  Follow COLDFEET on Twitter soundcloud mixcloud beatport COLDFEET COLDFEET Watusiの私塾

INFOMATION

2016.07.25

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 3rdEPリリース!

MORE >>>

2015.12.02

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

MORE >>>

2015.09.09

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

MORE >>>

2015.06.23

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

MORE >>>

2015.04.21

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

MORE >>>

2015.04.06

[4/7 配信開始] ナマコプリ / アートの神様 (COLDFEET Remix)

MORE >>>

2014.12.03

[12/3] Watusi ソロ 1st Album “Technoca” リリース!!

MORE >>>

TOP

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 3rdEPリリース!

連続リリース第3弾EP
“Tokyo Discotheque Orchestra feat. bird” 7/28発売

世界規模の広義のディスコ再燃ムーブメントに呼応し、大規模フェスから世界各地のクラブでのパーティにまで対応する音楽プロジェクト、Tokyo Discotheque Orchestra (TDO)。COLDFEETのWatusiがパーカッショニスト、松岡”matzz”高廣と、アレンジャー/ギタリスト、堀越雄輔の2人を従え2015年春に結成、作曲陣にCOLDFEETのLori Fineも交え、それぞれ人気実力派シンガーを起用したEPを専用サイトのみで連続リリースという振り切った活動にも関わらずメジャー・タイアップやFM/TVでの大量露出などで話題を作り続け、いよいよ第3弾の登場です。

第1弾のTDOとSILVAの組み合わせならではのオリジナル「正しいディスコ」は全国のFM局が一斉にOn Air。PVもTV東京「音流」などでOn Airされ話題に。英詞カバー曲がYou Tube上で1ヶ月に180万回再生され話題となったGILLEをフィーチャーした第2弾からは今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナル「Dance With Me」がTV東京系「主治医が見つかる診療所」(毎週月曜20:00-20:54)の1月〜3月のエンディング・テーマともなり、PV On Air回数も急上昇。

期待値が益々上がった第3弾、TDOとタッグを組んだのはなんと、70万枚を売り上げた1999年のアルバム・デビュー以降日本の代表的なシンガーの地位を築きあげ、数多くのライブや様々なトライを続ける作品を作り続けてきた、唯一無二の存在感を放つアーティスト、bird。

bird作詞によるオリジナル「ARE WE READY」は、WatusiがTDOをスタートさせる際にテーマとしたダンス・ミュージックによる新たなるユナイトをシンボリックに歌い上げた夏にぴったりの傑作。カップリングに美空ひばりの昭和の名曲をエイミー・ワインハウスを彷彿とさせるR&Bフレイバーも注入し仕上げた「真赤な太陽」や、ブレッド&バターの和モノ界でも人気の「SUMMER BLUE」を80’s AORムードもたっぷりに仕上げ、birdとTDOならではの極上の世界が生まれました、初となるオルジナル・インストも灼熱感満載で、新たなる旬で広義のディスコ・ソング集として夏の夕暮れにも最高のEP。いよいよアルバム情報も見え隠れするTDO渾身の1枚が仕上がりました。

● 2016/7/28 発売予定 3rd EP (7トラック入り) ¥1,000(税込)BWRCD-103
Tokyo Discotheque Orchestra feat. bird

M1. ARE WE READY (作詞 bird / 作曲 Lori Fine)
M2. 真赤な太陽  (O.A. : 美空ひばり)
M3. SUMMER BLUE (O.A. : ブレッド&バター)
M4. SUMMER STRUT (作曲 堀越雄輔)
M5. ARE WE READY (Extended Mix)
M6. SUMMER BLUE (Extended Mix)
M7. ARE WE READY (Instrument)


専用販売サイト http://tdo.base.ec
Trailer Site : https://www.youtube.com/watch?v=75qktW21Bt4

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

今作は英詞カバー曲がYou Tube上で1ヶ月に180万回再生され話題となり、2012年にユニバーサルよりデビューしたGILLEをフィーチャーした第2弾EP。今年「香港アジアポップミュージックフェスティバル」でも日本人初のグランプリ含む3冠を受賞したGILLEの歌唱力/表現力を存分に活かした、今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナルを始め、ダイアナ・ロスやジェセリン・ブラウン(インナー・ライフ)の独特のカバー、日本の今に向け急遽作成されたボブ・マーリーのディープ・ファンク的アプローチのインスト・カバーなどを収録した4曲入り(別Ver.含め計7曲入り)。

専用販売サイト http://tdo.base.ec

● 2015/12/3 発売予定 2nd EP (7トラック入り) ¥1,000(税込)BWRCD-102
Tokyo Discotheque Orchestra feat. GILLE
 M1. Dance With Me (Lyric by GILLE / Music by Lori Fine)
 M2. I'm Caught Up (Inner Lifeカバー)
 M3. I'm Coming Out (Diana Rossカバー)
 M4. Get Up Stand Up (Bob Marleyカバー)
 M5. Dance With Me   (Short Ver.)
 M6. I'm Caught Up   (Dub)
 M7. Dance With Me  (Instrument)

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

本日Watusiがメンバーとして参加するTokyo Discotheque Orchestraの1stEP「Tokyo Discotheque Orchestra feat. SILVA」がリリース!直販CDのみの販売となります!ボーカルにSILVAさんをお迎えしてたディスコチューン「正しいディスコ」(Lori作曲)他、名曲カバー収録!

---------------------------------
Tokyo Discotheque Orchestra feat. Silva EP(12cm CD)
---------------------------------
¥ 1,000(税込)

1. 正しいディスコ
 (Lyric by SILVA Music by Lori Fine)
2. Relight My Fire
 (Written by D. Hartman)
3. Celebration
 (Written by Ronald Bell, Kool & The Gang)
4. Pick Up The Pieces
 (Written by R.Ball, H.Stuart & AWB)
5. 正しいディスコ (Extended)
6. Relight My Fire (Extended)
7. Celebration (Extended)
---------------------------------
直販サイト
http://tdo.base.ec/

正しいディスコPV
https://www.youtube.com/watch?v=2FKoL38C_z4

CLOSE

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

●2015/06/23発売 Watusi / Technoca Remixes 2

収録内容:

1. Tokyo Techno Drive (SEKITOVA Hundred Years House Dub)
2. TokyoTechno Drive (KENSHU Tokyo Bass Drive Mix)
3. Underline (takehiro okuyama Remix)
4. TokyoTechnoDrive (motoki hada Remix)

iTunesリンク
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-2-ep/id1006563226






COLDFEETとして数多くのクラブヒット作品をリリースし、アーティスト・プロデュースなども手がけてきたWatusiが昨年にリリースしたキャリア初のソロアルバム「Technoca」。その収録楽曲を若手クリエイターがそれぞれのスタイルで再構築するというコンセプトで制作されたリミックスEPの第二弾「Technoca Remixes 2」がヴィーナス・カワムラユキのプロデュースで設立したミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」から6月23日にiTunes他で配信リリースとなる。

この「Technoca Remixes 2」は渋谷道玄坂のカルチャースポットとして知られるウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の最終リリースで、最後を飾るに相応しい、正に”切り札”な内容となっている。

参加リミキサー陣には次代の日本のクラブシーンを担う重要人物が揃っている。2014年のJ-HIPHOP最重要トラック[DJ SOULJAH - aaight ft. KOHH & MARIA]のプロデュースを手がけ、ソロアルバム「SINFUL DOLL」をリリースしたばかりのKENSHU

若干20歳ながらBIG BEACH FESTIVAL(2013), WIRED CLASH(2015)に出演しエレキング編集長野田努氏から「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評される、若手大注目株のDJ兼トラックメイカーのSEKITOVA

さらにUMEKやLen Fakiのリリースで知られるドイツのmonoid recordingsを始め、スペインやオーストラリアのレーベルなど世界各地で数多く作品をリリースしている京都在住のクリエイター Takehiro Okuyama 、またWatusiが後進育成の為に定期的に開催している「Watusiの私塾」より、ベルリン「Berlin Aufnahmen」、ミュンヘン「Eminor Binary」など同様に多くの海外レーベルから作品をリリースしているmotoki hadaが参加し、それぞれのクリエイティビティが爆発した個性的なリミックスを提供している。

アートワークスは前作に引き続き、芸術家アイドルユニット、ナマコプリとして新曲「あったらいいな JAPAN」をリリースし、各方面にて話題沸騰中のナマコラブが担当。地球人であるWatusiの発信するテクノビートに反応する宇宙人たちをイメージしたビジュアルとなっている。

しぶや花魁5周年記念企画「5枚の切り札」の一覧は以下の通り

第一弾リリース[ナマコプリ / アートの神様 REMIX]
https://itunes.apple.com/jp/album/atono-shen-yang-coldfeet-remix/id979864420

第二弾リリース[Watusi / Technoca Remixes]
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-ep/id986755899

第三弾リリース[Sakiko Osawa / Fullmoon feat. 斎藤ネコ]
https://itunes.apple.com/jp/album/fullmoon-feat.-zhai-tengneko/id990116936

第四弾リリース[ナマコプリ /あったらいいなJAPAN]
https://itunes.apple.com/jp/album/attaraiina-japan-ep/id997324931

CLOSE

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第2弾はCOLDFEETの Watusi Technoca Remixes!昨年リリースしたキャリア初のソロ作品を若手実力派クリエイターが完全フロア・ユースに大胆リミックス!
COLDFEETとして数多くのクラブヒットを持つWatusiのキャリア初のソロアルバム「Technoca」(2014年12月リリース)の楽曲を、テクノ~ハウス系のアーティストがリミックスしたEP「Technoca Remixes」が4月21日にiTunes Storeより配信リリースされる。これは渋谷道玄坂のカルチャースポットとして、多様なメディアを賑わしているウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の第2弾リリースで、しぶや花魁とそのミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」の主宰者であるヴィーナス・カワムラユキの全面プロデュースによって制作されたものだ。参加リミキサー陣は新世代の台頭を感じさせる若手実力派たち。昨年にアムステルダムのレーベルより世界デビュー後、ファッション・ラインを持つなど新たな渋谷カルチャーの担い手として躍進中の才女「Sakiko Osawa」が、俳優・三上博史のボイスサンプルを大胆にミックス・アップした楽曲「Last Dance」を筆頭に、ベルリンのMULLER RECORDSよりアルバムをリリースした注目株「Hiroyuki Arakawa」、大阪を拠点に活動中のカリスマ的なサウンド・クリエイター「DJ OMKT」、バークレー出身の新鋭、作/編曲家兼サックス奏者でもある「Yasuhisa Inoue」がリミキサーとしてもデビュー。どの楽曲もリミキサーの個性を感じる完全フロア仕様のリミックスだ。アートワークスは第1弾リリースとして「アートの神様(COLDFEET Remix)」をリリースした芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」のナマコラブがキャラクター制作のみならずデザインも担当。まさにしぶや花魁ならではのコネクションとムードを感じる作品に仕上がっている。

CLOSE

[4/7 配信開始] ナマコプリ / アートの神様 (COLDFEET Remix)

渋谷道玄坂のカルチャースポット、音楽(クラブ)と愛(エロス)の街・円山町の台風の目として知られるウォームアップ・バー「しぶや花魁」が6月に迎える5周年を記念して、自身のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」からヴィーナス・カワムラユキのプロデュースによる5作品連続配信企画「5枚の切り札」をリリースする。

第一弾はナマコプリ x COLDFEET

第一弾は芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」と、数多くのクラブヒットを持つプロデュース・チーム「COLDFEET」との異色コラボによるアッパーなディスコ・チューン「アートの神様(COLDFEET Remix)」を4月7日に配信!卓越したLori Fine嬢のボーカルとの絡みは必聴です。

1. アートの神様 (COLDFEET Remix)
2. アートの神様 (COLDFEET Remix) inst
https://itunes.apple.com/jp/album/atono-shen-yang-coldfeet-remix/id979864420
●リリックビデオ
https://youtu.be/AaNyfndzl3Y

CLOSE

[12/3] Watusi ソロ 1st Album “Technoca” リリース!!

ローリー・ファインとのユニット、コールドフィートで数多くのクラブ・ヒットを生み出す東京クラブ・シーンのベテラン、ワツシがデビュー36年目にして何とソロ・デビュー・アルバムを完成 !

彼独自のスタンスから着眼した今回のサウンドはテクノ・ミュージック。ゲストにはサオリリスから三上博史まで超個性派アーティストが集った全く新しい、オリジナルのトーキョー・テクノ・サウンド。これはワツシのテクノ化?これはテクノか?ワツシの古くからの友人、ヴィーナス・カワムラユキが運営する渋谷発のウォームアップバー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」がトータル・プロデュースした話題作!!

話題トラック満載!!!
・アルバム先行第一弾シングルとして配信限定でリリースされた「Tokyo Techno Drive」はiTunesのダンスチャート3位をマーク!
・人気アニソンDJ、サオリリスが初の歌声を披露する「Donʼt Touch Me」はアルバム先行第2弾シングルとして配信リリースが決定した注目トラック!
・アルバムには何と俳優の三上博史がゲスト・ヴォーカルで参加した作品を収録予定!
・アートワークは芸術家ナマコラブとマコ・プリンシパルによる芸術家アイドルユニット、ナマコプリが担当!OIRANガールズが全面バックアップ!!


●Release Information
2014.12.03 Release
ARTIST : Watusi
TITLE : Technoca

定価¥2,200+税

Tracklisting :
1. Freak Out
2. Tokyo Techno Drive
3. Underline
4. House Junkies
5. Last Dance feat. Hiroshi Mikami
6. Drop Box
7. Technoca
8. From Ostgut
9. Daddy's Techno
10. Last Train to Amsterdam
11. Non Fiction
12. Don't Touch Me feat. Saolilith
13. Tokyo Techno Drive feat. Nonoka

https://soundcloud.com/atsushi-watusi-tsunoda/last-dance-feat-hiroshi-mikami
https://soundcloud.com/atsushi-watusi-tsunoda/daddys-techno

SCHEDULE

2016.08.05

WELCOME TO KYOTO!!!MORE  >>>

2016.08.05

SURFDISCO@京都 MORE  >>>

2016.07.30

割烹DISCO 大蔵 3周年記念イベントMORE  >>>

2016.07.23

ナイトアクアリム 2016MORE  >>>

2016.07.17

タイガー&ドラゴン 2016MORE  >>>

2016.07.16

Hed Kandi Summer Opening ’16 @ Rooftop Bar OOMORE  >>>

2016.07.01

FPM Presents HYPER SOCIETY〜FPM 50th BIRTHDAY BASH SPECIAL〜MORE  >>>

2016.06.10

Watusiの私塾 presents ~Dance More, Find Your Beats~ at DimensionMORE  >>>

2016.06.09

しぶや花魁 6周年MORE  >>>

2016.05.22

GREENROOM FESTIVAL’16MORE  >>>

TOP

CLOSE

WELCOME TO KYOTO!!!

京都SURFDISCO にDJ出演します

8/5(FRI)
GUEST DJ:watusi
DJ:Gen-Chin / mook / MKFP / Alex Tatzuma / Salaryman
PERCUSSION:STEVE ETO
♫DISCO / DANCE CLASSIC


【料金システム】
男性:2000/1D
女性:1000/1D
SNS特典 (LINE•Facebook)
メンバー登録で+1DRINKプレゼント

【Foreigner】
WELCOME TO KYOTO!!!
Entrance free(Extra charge for 1Drink ¥600)

OPEN:21:00
CLOSE:5:00

http://www.surfdisco.jp

CLOSE

SURFDISCO@京都

京都SURFDISCO にDJ出演します

T.B.A.

http://www.surfdisco.jp

CLOSE

割烹DISCO 大蔵 3周年記念イベント

『3万円DISCO』
・日にち : 7/30
17:30〜
19:30〜
21:30〜

http://kappo-daizo.com/?page_id=6339

割烹DISCO大蔵
03-5327-8490
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-21-20 明邦ビル2F

【大蔵はJR高円寺駅徒歩2分】
JR高円寺駅北口出てすぐ左手、マックの目の前の”中通り商店街”を入って最初の十字路ファミリーマートを右に曲がり、4軒目左手明邦ビル2F。
詳しい行き方はこちら↓↓↓

http://kappo-daizo.com/?p=262

CLOSE

ナイトアクアリム 2016

7.23 SAT
タイムテーブル | 20:00-22:00

今年10周年を迎える日本橋ナイトアクアリウムにDJ出演します。

http://artaquarium.jp/nihonbashi2016/na_0723.php

CLOSE

タイガー&ドラゴン 2016

タイガー&ドラゴン 2016

DATE: 2016-07-17(Sun) 13:00
VENUE: 木の根ペンション - 日本千葉県
DOOR: 7,000円 ADV: 6,500円
MORE PRICE INFO: 早割:6,000円

◆Headliner
石野卓球、DJ EMMA

◆Guest DJ
Watusi (COLDFEET), KO KIMURA, DJ JURI (BAR 阿吽), DJ JET BARON a.k.a. 高野政所, DJ DON(新宿ドゥースラー), Booty Bronx, Yonenaga (R406 | Select Kashiwa)

◆DJs (AtoZ)
3110, AK, ABE, Burn Baby Burn crew, becchie, C-gel, dacha, Dan-cho a.k.a. Yoshio Sato, DELATAZIA, DJ Q(BAR 阿吽), DJうなぎまみれ(BAR阿吽), Gaku, Expect Crew, Jin Tatsuno, KEN, HALU, hbk, hayabusa, Ichiro S, mofu, Mogi, NZA, Shun, Star Soldier, SSS, SUPERCOMBO, t@ka, Taku, Takuma, Tpei, Rinda, uhr, Yamamoto, Yokoyama, Yoshihisa Koide, VIBES MAFIA, v.o.c, Wild Morley, キャン, タバサ, タカギヨシアキ, フロッピ, 一休, 音速, DJ急行とMCデス山, 春樹a.k.a伯父貴 and more

◆Guest Live Acts
TUFF SESSION, Nature Danger Gang, hy4_4yh, endmember, 贅沢ホリデイズ, HUMANDRONE, PLC, 秘密結社MMR

◆Live Acts
KI Drifter, NAMB-AMI Vibes, 水戸コンドリア

■ Details

旅人も心を焦がす夏と真夏の境目に、空の玄関・成田空港内のペンションで行われる新機軸レイブイベント。
世界最高峰のサウンドシステムと日本随一のDJ。ダンスフロアは四方を滑走路に囲まれたプール。
頭上を行き交う銀翼を送り迎えしながら、夏雲と共に踊り呑み明かしましょう。

タイガー&ドラゴン 2016

◆開催日時:
2016年7月17日(日)13:00-18日(月)18:00
※雨天決行 荒天時中止

◆会場:
木の根ペンション (成田市木の根)

◆チケット:
当日:7,000円/一般:6,500円/早割:6,000円
 
チケット購入方法
PASS MARKET Yahooデジタルチケットサービス
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mfuey7akfs.html

及び店頭販売
Cafe&Bar Extrawelt、割烹DISCO大蔵、焙煎DISCO茶蔵
※店頭販売は今後、増える予定です。また、詳細は各店舗にお問い合わせ下さい。

◆交通
【電車でお越しの場合】
芝山鉄道 芝山千代田駅下車 徒歩15分程度
または
京成線東成田線 東成田駅下車 徒歩20分程度
※京成線 成田空港駅より東成田駅へは徒歩で向かうことができます。
※開催当日は東成田駅と会場をバスによる1時間に1本程度定期運行を予定しています。

【お車でお越しの場合】
東関東自動車道成田I.C.料金所を新空港自動車道に乗らずに出て頂き、次の分岐で空港方面に直進。
すると成田I.C.信号の T字路にぶつかりますので、 右折し空港通り(国道295号)をそのまま直進。
しばらく道なりに進んでいただいた後、空港へは行かず、芝山方面に直進してください。
最初のトンネルを抜けたすぐ左が会場となります。
※会場には駐車場がありません。 そのまま道なりに直進しますと、芝山鉄道芝山千代田駅がありますので、こちらに1日500円の駐車場がございます。下記ページをご確認ください。
http://www.town.shibayama.lg.jp/0000000336.html

◆協力店舗
Cafe&Bar Extrawelt, 渋谷Dimension, SHIBUYA ROOTS, 割烹DISCO大蔵, 焙煎DISCO茶蔵, DJ&VJ Bar阿吽、Mediterraneo casa, 遊月亭, 柳水
◆運営
タイガー&ドラゴン実行委員会

公式サイト:http://tiger-and-dragon.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/tigeranddragon2016/
Twitter:https://twitter.com/t_and_d_tokyo

◆注意事項
•近接する滑走路の航空機運行の妨げとなる行為(球技全般、フリスビーや凧上げ等の飛翔物の使用、パイロットや乗客へ向けてレーザーポインター等の照射)、花火等の火薬類、その他危険物及び法律で禁止されている物を持ち込むことは一切禁止致します。
発見次第、即没収、破棄致し状況に応じては身柄を警察に引き渡します。
•喫煙は指定場所および携帯灰皿などをご使用ください。
•ゴミは基本持ち帰るか、会場指定の場所に分別をして捨ててください。
•トイレは会場内のペンションが女性用、屋外設置が男性用となります。
•ペット同伴でのご入場は可能となりますが、ご自身での管理徹底をお願い致します。
•お手荷物、貴重品はご自身での管理をお願いいたします。
•会場内・外での事故・紛失・盗難・ケガ・病気等の責任は、一切負いません。
•長時間にわたるフェスティバルです。急激な天候の変化に対応した服装や、水分補給をするなど各自で健康管理を行っていただき、日射病や熱中症等には充分気をつけていただきますようお願い致します。
•主催者と共に来場されたお客様が一体となって作り上げられるフェスティバルです。会場内外で発生した、いかなる事故、事件、負傷等につきまして、主催者、会場、アーティストは一切責任を負いませんので、 お客様並びに保護者の方々の責任において対応していただきますようお願い致します。

http://tiger-and-dragon.jp/top.html#access

CLOSE

Hed Kandi Summer Opening ’16 @ Rooftop Bar OO

Hed Kandi Summer Opening ’16 @ Rooftop Bar OO

7月16日(土) 14:00~05:00

■ 料金 *1DAY価格
当日券:¥2,700
前売り:¥2,000
iFLYER:¥2,300
VIP:¥5,000

■ Headliners
StoneBridge
Watusi (COLDFEET)
KENTARO TAKIZAWA

■ Hed Kandi DJ
YASUCA (Hed Kandi Tour / Radio DJ)


■ iFLYER
Day 1 : http://hyperurl.co/HedKandi1
Day 2 : http://hyperurl.co/HedKandi2
Day 3 : http://hyperurl.co/HedKandi3

■ Info
大阪の夏をスタートする屋外プールパーティーが今年も開催決定!都会の喧騒の真ん中に現れたイビザをイメージさせるRooftop Bar OO。屋外プールフロアーにてUKブランド Hed Kandiが3日間にかけてお届けするハウスミュージックイベントがここに開催!

出演者にはスターDJ Max Vangeli、フューチャーハウス界のヒットメーカー My Digital Enemy等の豪華ラインナップが集結し、2日目のこの日はハウスレジェンド StoneBridgeが参戦!そして、日本のハウスミュージックを牽引し続ける重鎮 Watusi (COLDFEET)がHed Kandiに初登場!さらにKENTARO TAKIZAWA、YASUCAと申し分ない顔ぶれが揃う。

国内外から集まるDJと共にハウスミュージックをお届けする夏の恒例イベントが遂にヴェールを脱ぐ!

CLOSE

FPM Presents HYPER SOCIETY〜FPM 50th BIRTHDAY BASH SPECIAL〜

7/1 (FRI)

FPM Presents
HYPER SOCIETY〜FPM 50th BIRTHDAY BASH SPECIAL〜

OPEN 22:00 〜23:00¥500 23:00〜¥3000


/ LINE UP /
AtoZ

80KIDZ
ami(SALON)
AMIAYA
Booty Bronx
DANGEROUS STRIPPERS (SATORU KURIHARA×DJ RYUZO)
DJ EMMA
DJ KYOKO
DJ NORI
DJ usus(from RIP SLYME)
Erich Logan
FLAMINGOS
Jaxx da Fishworks
JOMMY
Kazuma Takahashi
Keisuke Matsuoka
Ken Oshima
KO KIMURA
Ko Matsushima
kz(livetune+/livetune)
Lady Citizen
LEO CANDYCANE(fancyBOYS)
Licaxxx
MAAR
maho
NOEL(NOEL&GALLAGHER)
NINJA STEP
Q'HEY
RAM RIDER
REMO-CON
SAITOH(URBAN RESEARCH)
SONPUB
sou
TAAR
Takeru John Otoguro(block.fm)
Tomoyuki Tanaka(FPM)
Watusi(COLDFEET)
YOSA
YURI
秋吉健太
綾小路 翔&早乙女 光(氣志團)
伊藤陽一郎(AKAKAGE)
上村真俊
大沢伸一
櫻井喜次郎(tres-men)
須永辰緒(Sunaga t Experience)
副島ショーゴ(T.U.S)
高木完
ナカムラヒロシ(i-dep)
ROCKETMAN(ふかわりょう)
祭囃(月本えり+高松チェルシーリナ)
吉永祐介(organ b.suite)
米原康正
渡辺俊美(TOKYO No.1 SOULSET / THE ZOOT16 / 猪苗代湖ズ)
わびさび

and Special Secret Guest!!!

FPMによる都内唯一のレギュラーパーティ”Hyper Society”
今回は7月6日に50歳の誕生日を迎えるFPM=田中知之のBirthday Bashとして開催。
50歳にちなんで50組以上のアーティストが集結します。
出演者のラインナップを見てもらえれば一目瞭然、Hyper Societ史上、いや日本のクラブイベント史上類を見ない豪華メンバーがVISIONの全4フロアにてプレイ。
更にはシークレットゲストや飛び入りゲストが加わり、もはやフェス、いやフェス越えでしょう。
50歳にちなんで、23時までにご来場頂けるとエントランス料金が破格の500円。
もはや歴史的な一夜になる事間違いなし!しかも風営法改正後初の開催となりますので、是非とも全フロアを回遊しながら朝まで遊び尽くしてください。

SOUND MUSEUM VISION
東京都 渋谷区 道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
Shintaiso Bldg. B1F, 2-10-7 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo Japan

Information
SOUND MUSEUM VISION 03 5728 2824
Global Hearts Ltd. 03 6415 6231
www.vision-tokyo.com

CLOSE

Watusiの私塾 presents ~Dance More, Find Your Beats~ at Dimension

Watusiの私塾 presents
~Dance More, Find Your Beats~ at Dimension
6/10(金) 20時~ 渋谷 Dimension

塾長
Watusi (COLDFEET)

DJ's
Watusi (COLDFEET)
Motoki Hada
Ueno(sheep)
TUNE a.k.a FUKUI (INTEGRATION)
hidemi (roommate/Play decibel)
milltea
https://www.facebook.com/events/182794088786052/

CLOSE

しぶや花魁 6周年

9日(木) 21時~25時
Thursday Butterfly ~WatusiのBalearic 7"DJの夜会~

DJ:Watusi(COLDFEET) feat. DJ VENUS KAWAMURA YUKI

Entrance Free (1Drink order when you get in)

2014年に設立の「しぶや花魁」初のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」より、初のソロアルバム「Technoca」をリリースしたCOLDFEETのWatusi氏が、その天邪鬼な音楽性の原点とも言えるジャンルレスな音楽の数々を(ほぼ)7インチ・レコードを使ってお届けする、しぶや花魁木曜夜の新演目。第五夜となる今回は、OIRAN MUSICプロデューサーヴィーナス・カワムラユキがメロウなラウンジ・セットで参加。しぶや花魁と所縁の深い、二人のDJ/プロデューサーがそれぞれのルーツをPlayし合う特別な夜となることでしょう。

CLOSE

GREENROOM FESTIVAL’16

WatusiがDubforceのメンバーとして出演します。

http://greenroom.jp

BIOGRAPHY

  • Japanese
  • English
  • Korean

COLDFEETはアメリカ人の心理学者を父、そして琴の演奏者である日本人を母に 持つオレゴン生まれのコンポーザー兼ヴォーカリストのLori Fineが、プロデューサー/ベーシスト/プログラマーとして豊富なキャリアを持つ Watusiを共通の友人を通じて紹介されたところからスタートしている。エキゾチシズムを備えたツイステッドな音楽や、Sam RaimiやDavid Lynchの描く世界観などといった共通の価値観をお互いに見出し、LoriとWatusiはグループを結成、比類のない官能的かつファンタジックなCOLDFEETの世界がスタートした。

1998年、Sony Musicとアルバム7枚の契約を結び、1st シングル「Pussyfoot」をリリース、Cloud9(Nookie)、Ray Keith等をロンドンから迎えジャパン・ツアーを行い音楽雑誌を始め様々な媒体より注目を浴びる。岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の制作チームが手がけた「Pussyfoot」のプロモーションビデオは、国内の音楽番組にてヘビ-・ロテーションを獲得、またMTVヨーロッパのプログラム「Party Zone」を通じて世界41カ国、6千万世帯に向けて放送された。

印象的かつ様々な表現力を備えた彼等のヴィジュアルはファッション界においても注目度が高く、Christian Dior / John Galliano、Cartie、Tiffany & Co. 等ハイブランドの海外をも含むスペシャル・イベントにゲストとしてパフォーマンスを提供。またOHYA! and his Astro BoyやArrston Volajuのコレクションの音楽も担当する等、独特のポジションを築く。

その後Sony Musicより3枚のアルバム (含むリミックスアルバム)、1枚のミニアルバム、5枚のシングルを発表。CompostやBPM King Street、Disorient等のレーベルを通じて世界各地でもリリースされ話題を呼んだ。

2001年に入ってからはSony Musicを離れ、3枚目のアルバム「COLDFEET Presents Jazzfeet」を制作する傍らアンダーグラウンドとメジャー・シーンを繋ぐプロデュース・チームとしても活躍し始める。アルバムが続けてミリオンセラーになった中島 美嘉の多くのシングルを初め安室 奈美恵、hiro、BoA、Chemistry等を手がける。Loriは作詞 / 作曲家としてSMAP、Chemistry、bird等にのべ100以上の楽曲を提供。またその印象的なVocalはMONDO GROSSO 、m-flo、SUGIZOから最近ではFreeTEMPO、DAISHI DANCE等多彩なアーティストからのオファーを受け数多くのクラブ・ヒットを生み出す。Watusiのソロワークも海外のレーベルのオファーを受け、英Climate Records、米Kriztal Recordsなどからリリースされている。

2004年よりNew Wave DiscoやFunky Houseを独自の解釈で取り入れたスタイルを作り出し5枚の12inch を連続リリース。FreeTEMPO、Sugiurumn等と全国のクラブでDJ / Liveツアーも行い各地で話題となる。2005年12月、Mondo Grossoも参加の4枚目のアルバム「BODYPOP (avex / rhythm zone)」は日本のみならず韓国、中国、台湾、タイなどでもリリースされ、国内主要ラジオチャートにチャートインを果たす。3,000人以上を集めた韓国カウントダウンライブを始めソウル、台北、上海、北京等アジアでのツアーも積極的に行う。またRemixを中心とした「BODYCHOP (avex / rhythm zone) 」、初のベスト盤「BEST (Sony) 」も2006年3月にリリースされた。

2007年7月11日には1年半ぶりの5th album「Feeling Good (Grand Gallery)」をリリース。アルバムからの先行シングルEP「I Don’t Like Dancing」はDaishi DanceのRemixも収録、販売と同時に即完売し週末のクラブでかからない日は無いというスマッシュヒットとなる。

2008 年にはコロムビアに移籍し、今までにLoriがゲストとして参加した楽曲を集めたコンピレーション・アルバム「Footworks feat. Lori Fine」をリリース、録り卸しで収録されたOne / DJ Kawasaki feat. Lori Fineはモエ・エ・シャンドンネクター・アンペリアルのキャンペーン・ソングとなる。12月10日にはCOLDFEET10周年を記念する6th Album「TEN」をリリース、即日iTunes Storeダンス・アルバム・チャート1位を獲得。同時期にリリースした「TEN Remixes vol.1」(同チャート1位)、Extendedバージョン収録の「On and On」(同チャート2位)を含め、数週間にわたりアルバムTOP10に3タイトルをチャート・インさせるという快挙を達成。

’09年8月には豪華リミキサー陣を招いた「TEN remixes」をリリース。11月には生前のマイケル・ジャクソンから正式に許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。

COLDFEET is based in Tokyo, Japan's largest and most intriguing city. A duo, the band features composer/vocalist LORI, the daughter of an American clinical psychologist father and Japanese harp-playing mother, and WATUSI, a co-founder of the legendary drum-and-bass outfit Mushroom Head who has produced and played bass on more than 100 CDs.

COLDFEET fuses playful eroticism, sensual vocals and captivating melodies with a lush cinematic ambience, positive, provocative lyrics, and an offbeat humor anchored by the dichotomous themes of personal strength and vulnerability. The result is a unique, inventive sound that retains the appeal of pop while embracing the bite of new wave, jazz and rock. LORI and WATUSI have been influenced by an array of artists, from Devo, Massive Attack and Sade to Gershwin and Ella Fitzgerald, as well as the films of David Lynch and Sam Raimi. This diversity of media and genres is fundamental to the COLDFEET sound.

COLDFEET's popular debut single, "Pussyfoot," was quickly embraced by listeners and the music press. After a successful first tour of major markets across Japan, LORI and WATUSI set to work on the "Pussyfoot" video. Set at night in the dark, storied forests near Mt. Fuji and shot by film director Iwai Shunji's "Swallowtail" crew, the piece showcased COLDFEET's mastery of visual impact and their innate flair for distinctive, surrealistic imagery. The video enjoyed heavy rotation on Japanese music programs and was highlighted on "Party Zone," a popular show that reaches 60 million households in 41 countries under the auspices of MTV Europe.

COLDFEET's novel partnership has fast become a favorite of the Japanese media. LORI and WATUSI have been featured in more than 60 music and fashion magazines, and have done dozens of guest appearances on radio and MTV Japan. Their striking, chameleonic visuals and cinematic sound have also garnered favor with the fashion industry: COLDFEET have scored music and performed for the shows of top designers such as Christian Dior (John Galliano), OHYA! (Astro Boy) and Koshin Sato (Arrston Volaju Haute Couture).

COLDFEET's albums and maxi-singles are available on SONY Music Entertainment (Japan). Their singles have charted in the top ten in Japan, and their other work, including remixes by Francois K., Truby Trio and Smith&Mighty, has been licensed and released in both North America and Europe. They continue to be highly sought after as writers, producers, musicians, and performers in the Tokyo and national music scenes.

Since 2004, COLDFEET released four 12-inch vinyl dance singles with their unique interpretations of new wave, disco, and funky house including “Bodypop,” “Superthing,” “Mop Me Up,” and “Boom, Clang, Bang.” Quickly becoming a club live show favorite throughout Japan, COLDFEET has toured with FreeTEMPO, Sugiurumn, akakage, and other top DJs. Their much awaited album, including a dance single featuring Mondo Grosso, was released in Autumn 2005.

On July 11th, 2007, COLDFEET released their 5th album, “Feeling Good” (Grand Gallery) for the first time in one and a half years. The single EP “I Don’t Like Dancing”, which includes a Daishi Dance remix, was a smash hit. The single sold out immediately and became a “must play” song at clubs. 



After changing their record label to Columbia Music Entertainment in 2008, COLDFEET released a compilation album “Footworks feat. Lori Fine”; all tracks featured Lori Fine and were compiled by Watusi. The song, “One / DJ Kawasaki feat. Lori Fine” was used as the theme song for the MOET & CHANDON NECTAR IMPERIAL campaign. 


On Dec. 10th of the same year, commemorating the 10th anniversary of their debut, COLDFEET released their 6th album “TEN”, which hit #1 on the iTunes Dance Album Chart and went on to spend several weeks there.


“TEN Remixes vol.1” which was released two weeks before the album “TEN”, also ranked #1 on the iTunes Dance Album Chart. While these two albums remained in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart, the extended versions album “On and On” was released, and all three albums were then simultaneously in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart.


In August of 2009, COLDFEET brought in a lavish team of remixers for the release of "TEN remixes". In the following November, having received Michael Jackson's official permission prior to his passing, COLDFEET released the covers album "MJ THE TOUR" attracting tremendous interest for the duo as well as the plush lineup of guests on the album.

TOP

DISCOGRAPHY

CONTACT US

Name
E-mail
Comment
 

TOP