top_img



mixi  Follow COLDFEET on Twitter COLDFEET Watusiの私塾

INFOMATION

2014.08.27

[8/27WatusiソロEP]Tokyo Techno Drive EP、iTunesにて配信開始です!

MORE >>>

2014.08.04

[8/27]Watusiのキャリア史上初のソロEPリリース決定!

MORE >>>

2014.03.10

桜木DJアカデミー(渋谷)にてWatusiによる特別講義『DJはDJするだけじゃダメですか?』

MORE >>>

2014.03.07

Inter FMの番組TOKYO SCENEにWatusiが出演致します。

MORE >>>

2013.11.28

DAISHI DANCE / the ジブリ set 2にCOLDFEETが2曲参加!

MORE >>>

2013.09.18

須永辰緒さんの番組「夜ジャズ.Net」にWatusiが出演

MORE >>>

2013.08.06

Watusi Mix CD「DISCO & BOOGIE ~Seeds Of Club Music~」

MORE >>>

TOP

CLOSE

[8/27WatusiソロEP]Tokyo Techno Drive EP、iTunesにて配信開始です!

東京ナイトシーンを象徴する極上のナイト・ドライヴ・ミュージック!TVCMやファッション誌等メディアで大活躍中の19歳モデルNonokaをフィーチャーした話題騒然の一作!

「OIRAN MUSIC」に集う実力派女性アーティストが創りあげた今作

アートワークスは藝大院卒の奇才、芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」として現代アートとミュージックのシーンを超越した活動を展開中のマコ・プリンシパルが担当。


リミキサーは「OIRAN MUSIC」のプロデュースにより、今年2月にアムステルダム「7 Stars Music」よりワールド・デビューを果たしリリース2作が連続でiTunes エレクトロニックチャートで2位を記録した新世代女性クリエイターSakiko Osawaが担当。


プロデューサーは勿論「OIRAN MUSIC」代表:カワムラユキ。作詞家でもある彼女が東京の真夜中ドライヴ・デートをイメージしたリリックを今作のために書き下ろした。


カップリングの「House Junkies」はCOLDFEETのボーカリストであるLori Fineが参加。ミステリアスでディープなポエトリーテクノを奏でている。盤石の布陣により生み出された今作は、ビジュアル・サウンド・リリックの全てがシーン最先端の一級品!まるで短編映画を見ているかのような独特のサウンドスケープは、東京ナイトカルチャーが生み出した芸術作品!

::iTunes::
https://itunes.apple.com/jp/album/tokyo-techno-drive-ep/id906205769

CLOSE

[8/27]Watusiのキャリア史上初のソロEPリリース決定!

渋谷クラブカルチャーの最重要拠点「しぶや花魁」発!快進撃を続けるOIRAN MUSICの次なる一手はCOLDFEET Watusiのキャリア史上初のソロEP!東京ナイトシーンを象徴する極上のナイト・ドライヴ・ミュージック!TVCMやファッション誌等メディアで大活躍中の19歳モデルNonokaをフィーチャーした話題騒然の一作!

「OIRAN MUSIC」に集う実力派女性アーティストが創りあげた今作

アートワークスは藝大院卒の奇才、芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」として現代アートとミュージックのシーンを超越した活動を展開中のマコ・プリンシパルが担当。

リミキサーは「OIRAN MUSIC」のプロデュースにより、今年2月にアムステルダム「7 Stars Music」よりワールド・デビューを果たしリリース2作が連続でiTunes エレクトロニックチャートで2位を記録した新世代女性クリエイターSakiko Osawaが担当。

プロデューサーは勿論「OIRAN MUSIC」代表:カワムラユキ。作詞家でもある彼女が東京の真夜中ドライヴ・デートをイメージしたリリックを今作のために書き下ろした。

カップリングの「House Junkies」はCOLDFEETのボーカリストであるLori Fineが参加。ミステリアスでディープなポエトリーテクノを奏でている。盤石の布陣により生み出された今作は、ビジュアル・サウンド・リリックの全てがシーン最先端の一級品!まるで短編映画を見ているかのような独特のサウンドスケープは、東京ナイトカルチャーが生み出した芸術作品!

---------------------------------
2014/08/27 iTunes他で世界リリース!
Watusi「Tokyo Techno Drive EP」

1. Tokyo Techno Drive ft. Nonoka
2. Tokyo Techno Drive(Sakiko Osawa OIRAN Mix)
3. Tokyo Techno Drive(Original Mix)
4. House Junkies

produced by YUKIKAWAMURA (OIRAN MUSIC)


Release Schedule
1st EP “Tokyo Techno Drive” 2014. 8.27
2nd EP “Don't Touch Me” 2014. 10.29
1st Album “Technoca” 2014. 12.03
Worldwide release from OIRAN Music / Octave-Lab / ULTRA-VYBE
http://oiranmusic.com/  http://www.ultra-vybe.co.jp/

http://coldfeet.jugem.jp/?eid=728

CLOSE

桜木DJアカデミー(渋谷)にてWatusiによる特別講義『DJはDJするだけじゃダメですか?』

3/15(土)16:00-18:00
・特別講師にCOLDFEETプロデューサーのWatusi氏をお招きし、トラックメイキングと音楽制作(作編曲)の違いや文化史の面から見る音楽スタイルの変遷等を語って頂きながら、DJを目指す皆様の悩み解決やオリジナリティについて考えていきます。
司会進行はアカデミー講師Dj Yummy & Kazuhiro Abo。

会場:桜木DJアカデミー(渋谷駅徒歩2分)
参加費:1500円
参加ご希望の方はsakuragidj@gmail.comにメールを送ってください。
スペースに限りが御座いますので先着順での受付とさせて頂きます。

CLOSE

Inter FMの番組TOKYO SCENEにWatusiが出演致します。

TIME:20:00 - 23:00
DJ: MC RYU , Bryan Burton-Lewis , Joey Slick


ゲストページ:http://www.interfm.co.jp/guest/
番組ブログ:http://www.interfm.co.jp/tokyo

CLOSE

DAISHI DANCE / the ジブリ set 2にCOLDFEETが2曲参加!

ついに発表となりましたDAISHI DANCEさんの「the ジブリ set 2」にCOLDFEETが2曲参加しています!

紅の豚より加藤登紀子さんの「時には昔の話を」にLoriが新たに英語詞を作成、Watusi(ベース)と共にボーカルで参加しています。もう一曲はコクリコ坂から「さよならの夏」をこちらもLoriが英語詞を書き下ろしてフィーチャリングボーカリストとして参加しています。前作は空前絶後の大ヒットとなったシリーズ第二弾、今年の年末はこれで決まりです!

---------------------------------
2013/12/18発売
---------------------------------
DAISHI DANCE / the ジブリ set 2
¥2,800 (Urban Sound Project / DDCB-18002)
---------------------------------

01. 天空の城ラピュタ:君をのせて feat.麻衣(JPN ver.)
02. 魔女の宅急便:やさしさに包まれたなら feat.GILLE
03. 耳をすませば:カントリー・ロード feat.本名陽子(JPN ver.)
04. となりのトトロ:風のとおり道 feat.吉田兄弟
05. もののけ姫:アシタカとサン
06. 借りぐらしのアリエッティ:Arrietty’s Song feat.Cecile Corbel
07. 紅の豚:帰らざる日々(Mellow mix)
08. 紅の豚:時には昔の話を feat.COLDFEET
09. 風立ちぬ:ひこうき雲 feat.arvin homa aya
10. 千と千尋の神隠し:あの夏へ(Mellow mix)
11. コクリコ坂から:さよならの夏〜コクリコ坂から〜 feat.Lori Fine(COLDFEET)
12. 耳をすませば:Take Me Home, Country Roads feat.arvin homa aya, SHINJI TAKEDA Re-Visited SAX mix

CLOSE

須永辰緒さんの番組「夜ジャズ.Net」にWatusiが出演

■夜ジャズ.Net#60 - COLDFEET(Watusi)
放送期間:2013年9月18日〜2013年10月16日(17:00まで)
http://www.jjazz.net/programs/yorujazz/index.php


[再放送]α-station(FM京都)
2013年10/5(土)25時OA(毎月第1土曜日25時)
http://fm-kyoto.jp/timetable/program/yorujazznet/

CLOSE

Watusi Mix CD「DISCO & BOOGIE ~Seeds Of Club Music~」

WatusiによるNYディスコクラッシックのMix CD発売です!
---------------------------------
「DISCO & BOOGIE ~Seeds Of Club Music~」
---------------------------------
DJ Mix & Edit by Watusi (COLDFEET)
OTLCD5056
定価 2,500円(税抜 2,381円)
発売日:2013年8月6日(火)

クラブミュージックのルーツであるNYの名門サルソウルとウエストエンドの音源 を使ったCOLDFEETのWatusi初のDJミックス!

Tracklist
1. Sybil Thomas / Rescue Me (Original 12” Vocal Version)
2. Silvetti / Spring Rain (Original 7" Mix)
3. Barbara Mason / Another Man (Original 12” Vocal Version)
4. Skyy / Skyyzoo (Original Larry Levan 12" Mix)
5. Gaz / Sing Sing (Original Richie Rivera 12" Midnight Mix)
6. Sparque / Take Some Time (Original 12" Vocal Version)
7. Raw Silk / Do It To The Music (Original 12" Vocal Version)
8. Inner Life / Moment Of My Life (Original Shep Pettibone 12” Extended Version)
9. Shirley Lites / Heat You Up (Melt You Down) (Original 12" Melt Down Mix)
10. Instant Funk / I Got My Mind Made Up (Original Larry Levan 12" Mix)
11. Double Exposure / My Love Is Free
12. Charo & The Salsoul Orchestra / Dance A Little Bit Closer
13. Aurra / Make Up Your Mind
14. Loleatta Holloway / Love Sensation (Original 7" Version)
15. Inner Life / (Knock Out) Let's Go Another Round (Original Tee Scott 12” Mix)
16. First Choice / Double Cross (Original Larry Levan 12" Mix)
17. Carl Bean / I Was Born This Way (Original Tom Moulton 12" Mix)
18. Instant Funk / Bodyshine (Original 7" Mix)
19. Karen Young / Hot Shot (Original 12" Vocal Version)
20. Bunny Sigler / By The Way You Dance (I Knew It Was You) (Original 12" Mix)
21. The Salsoul Orchestra / Salsoul Hustle
22. The Salsoul Orchestra / Heat It Up


http://www.amazon.co.jp/dp/B00DFRARXK

SCHEDULE

2014.11.13

枝魯枝魯presents “DEGUELASSE @大阪cheval osaka(BLUE FLOOR)MORE  >>>

2014.11.08

OIRAN Music Presents Watusi 「Don't Touch Me EP」Release Party @ 渋谷MICROCOSMOSMORE  >>>

2014.10.25

「第27回東京国際映画祭」オープニング・パーティ@Hills Cafe/SpaceMORE  >>>

2014.10.23

出張しぶや花魁とTHE TEST ‘15春夏の展示会♡生配信つきパーティー@2.5D (渋谷パルコPART1・6F)MORE  >>>

2014.09.29

TECHVANE LAST GIGS of module 8HOURS TECHNO and HOUSE Supported by Jagermeister@渋谷moduleMORE  >>>

2014.09.23

DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』発売記念! ミューズ音楽院公開講座作曲家リレートーク特別編「Watusi+山口哲一」@秋葉原MORE  >>>

2014.09.15

9/15「Sonic Academy」Festival @ 六番町ソニービルMORE  >>>

2014.09.05

moderno~keep going,Tokyo~@青山ZEROMORE  >>>

2014.08.30

OIRAN MUSIC presents Watusi「Tokyo Techno Drive EP」Release Party @渋谷MICROCOSMOSMORE  >>>

2014.08.16

Night Aquarium @ 日本橋三井ホールMORE  >>>

TOP

CLOSE

枝魯枝魯presents “DEGUELASSE @大阪cheval osaka(BLUE FLOOR)

FACEBOOKイベントページ
https://www.facebook.com/events/777883698924713/

■DJs:
Watusi (COLDFEET)
EDA(枝魯枝魯)
Goe(枝魯枝魯)
Dj Kaoru Nakano

■時間
21:00 ~ LATE

■料金
男性 3000円1D付
女性 1000円1D付

■21-23時までにご来店の方は、男女共入場無料。
23時までにご来店のハイヒールの女性は、入場無料+終日ワインとシャンパンを無料で飲み放題

■CHEVAL BLUE FLOOR info
東心斎橋の新たなナイトスポットCHEVAL OSAKA。
世界基準のサウンドシステムFunktion Oneが導入されたBLUE FLOORにて関西の最前線で活躍中のDJ達が中心に、RED FLOORとまた違った雰囲気で海外のCLUB シーンとリンクした本格的なDance Musicをお届けします♪

■VIP
テーブルチャージ料金
平日:20000円
(税.サ20%別)

【 CHEVAL OSAKA 】
〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1丁目5-30
ジ・アトリウム B1-B2
● 06-6243-6288

CLOSE

OIRAN Music Presents Watusi 「Don't Touch Me EP」Release Party @ 渋谷MICROCOSMOS

Open : 24:00
Charge : 2,000yen(ND) *花魁からのハシゴで、1,000yen OFF

出演 DJ
Watusi (COLDFEET)
KENSHU
VENUS・ KAWAMURA YUKI
Sakiko Osawa
J.M.Y. (B2B2B)


渋谷発のウォームアップバー「しぶや花魁」発のミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」主宰、ヴィーナス・カワムラユキのプロデュースによるWatusi(COLDFEET)ソロプロジェクト第二弾EP「Don’t Touch Me」配信リリースが10月28日に決定!

リリースを祝って、ナマコプリ「ナマコプリのシャンパンシャワー」のRemixも最高だったKENSHU、アムステルダム、ADEに日本人女性として初参加したばかりのSakio Osawa、主催のVENUS・ KAWAMURA YUKIらが集いそれぞれが独特のDJを展開。

12/3発売予定のアルバムのカウントダウンもいよいよのWatusiの新譜も聞けそうなTechnoスタイルのDJもお楽しみに。

★会場情報:
Cafe x Lounge MICROCOSMOS
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォティスビル2F
03-5784-5496
http://www.microcosmos-tokyo.com

CLOSE

「第27回東京国際映画祭」オープニング・パーティ@Hills Cafe/Space

【  TOKYO CINEMA LOUNGE 】
日本で唯一、国際映画製作者連盟から公認を受けた国際映画祭である
「第27回東京国際映画祭」オープニングにあわせて、
10/23(木)と10/25(土)の夜、スペシャルDJ達が
六本木ヒルズ「Hills Cafe/Space(ヒルズ カフェ/スペース)」内の
「TOKYO CINEMA LOUNGE」を盛り上げます!
10/25(土)21時スタートには、
     Zeebra / Watusi (COLDFEET) / 木村コウ /
DJ Q'HEY / DJ EMMA / YOKE aka DJ REDBLOOD /
     WASEI CHIKADA / DJ MiCL / DJ SAZANAMI
など、東京のクラブカルチャーを代表するArtistsが集結。
超豪華ラインナップで映画祭の夜を彩ります!
■DATE(開催日時):
2014-10-25(Sat) 21:00-29:00
■VENUE(会場):
六本木ヒルズ「Hills Cafe/Space」特設会場
■DOOR(入場料):
Free (会場内 飲食代のみで利用可能)
この機会だけの「特別な空間」「特別な夜」を体感しよう!
Hills Cafe/SpaceのHPはこちら↓
http://www.roppongihills.com/shops_restaurants/restaurants/cafe/209550006.html
東京都港区六本木6−10−1 ヒルサイド2F
03-6406-6833

CLOSE

出張しぶや花魁とTHE TEST ‘15春夏の展示会♡生配信つきパーティー@2.5D (渋谷パルコPART1・6F)

※Watusiが23日にトークショーとDJで出演致します。
日時:10月22日(水)・23日(木)
展示会:12:00~21:00(入場無料)
生配信パーティー:21:00~23:00(有料)
場所:2.5D (渋谷パルコPART1・6F)

参加方法:2.5D公式HPよりエントリー。
出演:ヴィーナス・カワムラユキ (しぶや花魁)、RISSHI SATO (THE TEST) …and MORE!

チケット購入はコチラから
22日 (http://peatix.com/event/56137/)
23日(http://peatix.com/event/56146/)

CLOSE

TECHVANE LAST GIGS of module 8HOURS TECHNO and HOUSE Supported by Jagermeister@渋谷module

door 1500yen(1d) | after 5am 1000yen(1d)

Techno / House


http://iflyer.tv/event/204313/
http://jp.residentadvisor.net/event.aspx?635343
http://www.clubberia.com/ja/events/227285

https://www.facebook.com/events/1477407785867993

map --- > http://maps.google.com/maps?q=35.661252%2C139.696396&z=16&t=m



説明不要な程に豪華なラインナップが揃い踏み!!

一夜の宴にとどまらない今後のシーンを占う一夜のミーティング。

moduleと前ブッキングマネージャーSAIMURA所縁の
国内外で活躍するDJ / PRODUCER / TRACK MAKER / LABEL OWNERが
moduleでの最期のプレイを披露する。

汗と涙と音にまみれ、moduleとの今生の別れを共に分かち合おう!!


◼︎追加決定アーティスト!!◼︎
井上薫 (SEEDS AND GROUND)
大沢伸一
Go Hiyama (HueHelix)
HARUKA (FUTURE TERROR)
SUGIURUMN (BASS WORKS RECORDINGS)
Watusi (COLDFEET)


---BLACK---
(AtoZ)
DJ WADA (Sublime Records / Dirreta)
DJ MAAR aka Supermaar (DEXPISTOLS)
DJ SODEYAMA (ARPA Records)
DJ SAIMURA (TECHVANE / MINIMA LIEBENZ)
Dr.SHINGO
H.I.D. aka Hideo Kobayashi
Hiroshi Watanabe aka Kaito (Kompakt)
Miyabi (Plus Tokyo)
Q'HEY (REBOOT / Torque)
Shin Nishimura (Plus Tokyo)
TAKAMI (REBOOT)
TOMO HACHIGA (Neotokyo.lab / Solstice music)

VJ:
comboy
REZ (KAZOE NOBUAKI / blok m)


---RED---
(AtoZ)
福富幸宏
瀧澤賢太郎
DJ YAMA (Sublime Records)
DJ PI-GE (TRESVIBES SOUNDSYSTEM / Pan Record)
DJ KYOKO
RYO TSUTSUI (LIBRE / WEEKEND WARRIORZ / EDEN)


---BROWN---
(AtoZ)
Ballack (LAX / TECHVANE)
eRee (ENIGMA / INDIGO TRIBE / TECHVANE)
Isao aka Lucars (DONUTZ / FRONTIER)
JUNN (VANISHING HYPER NEWYORK / TECHVANE)
MiCKSOUTH
miboo (Signum)
midori taniguchi (TECHVANE)
TOYA (Lihit / WISDOM)
PushCool (UNLIMIT / TECHVANE)
TAKISHIMA (grow / SLEEPING BAG / TECHVANE)



---VENUE---
module
東京都渋谷区宇田川町34-6 M&Iビル B1F. B2F
Tel: 03-3464-8432
Web: http://www.module-tokyo.com/

CLOSE

DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』発売記念! ミューズ音楽院公開講座作曲家リレートーク特別編「Watusi+山口哲一」@秋葉原

OPEN:16:30 START:17:00
会場:書泉ブックタワー9Fイベントスペース
(〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-11-1)

Watusiが執筆に参加した『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』の発売記念トークライブが開催!入場無料(要事前予約 http://peatix.com/event/49276)ですのでどんどんご参加下さい!

---------------------------------

ミューズ音楽院で定期的に行なわれている作曲家リレートークが、秋葉原に出張! 書籍『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』(山口哲一氏監修/2014年9月19日発売予定)の発売を記念し、書泉ブックタワーで特別開催されます!

書籍にも登場しているWatusiさんをゲストに、DAW時代の正しい音楽制作とは? DAWに負けない制作スタイルとは? 10年後も聴かれる音楽とは? を考えていきます。そのための手がかりとして、Watusiさんが手がけた作品を、アナログテレコ時代からDAW完結時代まで、実際に楽曲を聴きながら検証していきましょう。

書籍『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』発売記念!
ミューズ音楽院公開講座作曲家リレートーク特別編「Watusi+山口哲一」@秋葉原

http://www.shosen.co.jp/event/cat182/entry_3059/

CLOSE

9/15「Sonic Academy」Festival @ 六番町ソニービル

※9/15にWatusiが講師として登壇します。
9月13日から15日の期間、東京・千代田区六番町のソニー・ミュージックエンタテインメント六番町ビルのエリアにて、音楽人養成クリエイティブ講座フェス「Sonic Academy」が開催される。

ソニーミュージックが築いてきた音楽制作のノウハウや人脈など、そのクリエイティビティを次世代の音楽人に伝えることを目的とした同フェス。3日間で全40講座以上が開催され、そのジャンルは、作詞、作曲、アレンジ、DTM、レコーディング、ギターテクニック、プロデュース論、セルフマネージメント、ヴィジュアル制作、ヴォーカルレッスン、バンドクリニック等、多岐に渡る。

各講座を担当するのは、いしわたり淳治(音楽プロデューサー)や岸田繁 (くるり)、冨田ラボ(冨田恵一)、西寺郷太 (NONA REEVES)、松井五郎(作詞家)など第一線で活躍する音楽のプロフェッショナル(下記)。

http://soniaca.com/classes/

【主な講師陣】 (略敬称、50音順)
いしわたり淳治 (作詞家/音楽プロデューサー)
井上ジョー (アーティスト)
板屋宏幸 (ソニー・ミュージックエンタテインメント  映像監督)
大久保海太 (ミュージシャン/ボイストレーナー)
奥村岳児 (サンフォニックス・PAエンジニア)
Open Reel Ensemble (アーティスト)
河合マイケル (ソニー・ミュージックエンタテインメント プロデューサー)
川村ケン (キーボーディスト/作曲家/ミュージシャン)
カワムラユキ (作詞家/音楽プロデューサー/DJ)
菊地智敦 (ソニー・ミュージックパブリッシング  プロデューサー)
岸田繁 (くるり)
クボタマサヒコ (元BEAT CRUSADERS/キューンミュージック プロデューサー)
グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)
國米秀樹 (ソニー・ミュージックエンタテインメント プロデューサー)
sasakure.UK (Composer/音楽プロデューサー)
ジェーン・スー (コラムニスト/作詞家/音楽プロデューサー)
須藤晃 (音楽プロデューサー)
砂原良徳 (ミュージシャン/プロデューサー)
園田健太郎(作曲家・音楽プロデューサー)
たむらぱん (アーティスト)
CHOKKAKU(編曲家・音楽プロデューサー)
津田直士 (音楽プロデューサー)
冨田ラボ(冨田恵一)
西寺郷太 (NONA REEVES)
深澤秀行 (Composer/Producer)
福原将宜(ギタリスト)
松井五郎(作詞家)
松浦晃久(サウンドプロデューサー)
manaboon (プロデューサー/作曲家/トラックメーカー/ アレンジャー)
丸谷マナブ (Composer/Producer)
三好敏彦 (スタジオエンジニア)
ROLLY (ロックスター)
Ryosuke “Dr.R” Sakai (音楽プロデューサー/歯科医師)
Watusi /COLDFEET (音楽プロデューサー/ベーシスト/DJ)


::INFO::
http://www.musicman-net.com/sp/business/37400.html

CLOSE

moderno~keep going,Tokyo~@青山ZERO

Open/Start 22:00~
¥2,500(w/f.¥2,000)
受付で電子フライヤーをご呈示頂ければディスカウント料金でご入場頂けます。
--------------------------------------
東京を席巻したモンスターパーティ「moderno」が
青山ZEROにて2014年7月より隔月開催決定。
The Monster Party "moderno"
Which Swept the Night of Tokyo is finally Back!

Act:須永辰緒
MC:DARTHREIDER

DJ Q'hey
Watusi(Coldfeet)
Opening DJ KOZUE a.k.a.Special K

ZERO
東京都港区青山2-9-13 AiiA ANNEX Bld. B1F
03)3397-9933

CLOSE

OIRAN MUSIC presents Watusi「Tokyo Techno Drive EP」Release Party @渋谷MICROCOSMOS

Open 24:00

Charge 2,000yen(ND)*花魁からのハシゴで、1,000yen OFF

★ACT
Watusi (COLDFEET)
VENUS KAWAMURA YUKI
SAKIKO OSAWA
and more

★会場情報:
Cafe x Lounge MICROCOSMOS
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-12 フォティスビル2F
03-5784-5496
http://www.microcosmos-tokyo.com

CLOSE

Night Aquarium @ 日本橋三井ホール

DJ: Watusi

::INFO::
http://h-i-d.co.jp/art/nihonbashi/

BIOGRAPHY

  • Japanese
  • English
  • Korean

COLDFEETはアメリカ人の心理学者を父、そして琴の演奏者である日本人を母に 持つオレゴン生まれのコンポーザー兼ヴォーカリストのLori Fineが、プロデューサー/ベーシスト/プログラマーとして豊富なキャリアを持つ Watusiを共通の友人を通じて紹介されたところからスタートしている。エキゾチシズムを備えたツイステッドな音楽や、Sam RaimiやDavid Lynchの描く世界観などといった共通の価値観をお互いに見出し、LoriとWatusiはグループを結成、比類のない官能的かつファンタジックなCOLDFEETの世界がスタートした。

1998年、Sony Musicとアルバム7枚の契約を結び、1st シングル「Pussyfoot」をリリース、Cloud9(Nookie)、Ray Keith等をロンドンから迎えジャパン・ツアーを行い音楽雑誌を始め様々な媒体より注目を浴びる。岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の制作チームが手がけた「Pussyfoot」のプロモーションビデオは、国内の音楽番組にてヘビ-・ロテーションを獲得、またMTVヨーロッパのプログラム「Party Zone」を通じて世界41カ国、6千万世帯に向けて放送された。

印象的かつ様々な表現力を備えた彼等のヴィジュアルはファッション界においても注目度が高く、Christian Dior / John Galliano、Cartie、Tiffany & Co. 等ハイブランドの海外をも含むスペシャル・イベントにゲストとしてパフォーマンスを提供。またOHYA! and his Astro BoyやArrston Volajuのコレクションの音楽も担当する等、独特のポジションを築く。

その後Sony Musicより3枚のアルバム (含むリミックスアルバム)、1枚のミニアルバム、5枚のシングルを発表。CompostやBPM King Street、Disorient等のレーベルを通じて世界各地でもリリースされ話題を呼んだ。

2001年に入ってからはSony Musicを離れ、3枚目のアルバム「COLDFEET Presents Jazzfeet」を制作する傍らアンダーグラウンドとメジャー・シーンを繋ぐプロデュース・チームとしても活躍し始める。アルバムが続けてミリオンセラーになった中島 美嘉の多くのシングルを初め安室 奈美恵、hiro、BoA、Chemistry等を手がける。Loriは作詞 / 作曲家としてSMAP、Chemistry、bird等にのべ100以上の楽曲を提供。またその印象的なVocalはMONDO GROSSO 、m-flo、SUGIZOから最近ではFreeTEMPO、DAISHI DANCE等多彩なアーティストからのオファーを受け数多くのクラブ・ヒットを生み出す。Watusiのソロワークも海外のレーベルのオファーを受け、英Climate Records、米Kriztal Recordsなどからリリースされている。

2004年よりNew Wave DiscoやFunky Houseを独自の解釈で取り入れたスタイルを作り出し5枚の12inch を連続リリース。FreeTEMPO、Sugiurumn等と全国のクラブでDJ / Liveツアーも行い各地で話題となる。2005年12月、Mondo Grossoも参加の4枚目のアルバム「BODYPOP (avex / rhythm zone)」は日本のみならず韓国、中国、台湾、タイなどでもリリースされ、国内主要ラジオチャートにチャートインを果たす。3,000人以上を集めた韓国カウントダウンライブを始めソウル、台北、上海、北京等アジアでのツアーも積極的に行う。またRemixを中心とした「BODYCHOP (avex / rhythm zone) 」、初のベスト盤「BEST (Sony) 」も2006年3月にリリースされた。

2007年7月11日には1年半ぶりの5th album「Feeling Good (Grand Gallery)」をリリース。アルバムからの先行シングルEP「I Don’t Like Dancing」はDaishi DanceのRemixも収録、販売と同時に即完売し週末のクラブでかからない日は無いというスマッシュヒットとなる。

2008 年にはコロムビアに移籍し、今までにLoriがゲストとして参加した楽曲を集めたコンピレーション・アルバム「Footworks feat. Lori Fine」をリリース、録り卸しで収録されたOne / DJ Kawasaki feat. Lori Fineはモエ・エ・シャンドンネクター・アンペリアルのキャンペーン・ソングとなる。12月10日にはCOLDFEET10周年を記念する6th Album「TEN」をリリース、即日iTunes Storeダンス・アルバム・チャート1位を獲得。同時期にリリースした「TEN Remixes vol.1」(同チャート1位)、Extendedバージョン収録の「On and On」(同チャート2位)を含め、数週間にわたりアルバムTOP10に3タイトルをチャート・インさせるという快挙を達成。

’09年8月には豪華リミキサー陣を招いた「TEN remixes」をリリース。11月には生前のマイケル・ジャクソンから正式に許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。

COLDFEET is based in Tokyo, Japan's largest and most intriguing city. A duo, the band features composer/vocalist LORI, the daughter of an American clinical psychologist father and Japanese harp-playing mother, and WATUSI, a co-founder of the legendary drum-and-bass outfit Mushroom Head who has produced and played bass on more than 100 CDs.

COLDFEET fuses playful eroticism, sensual vocals and captivating melodies with a lush cinematic ambience, positive, provocative lyrics, and an offbeat humor anchored by the dichotomous themes of personal strength and vulnerability. The result is a unique, inventive sound that retains the appeal of pop while embracing the bite of new wave, jazz and rock. LORI and WATUSI have been influenced by an array of artists, from Devo, Massive Attack and Sade to Gershwin and Ella Fitzgerald, as well as the films of David Lynch and Sam Raimi. This diversity of media and genres is fundamental to the COLDFEET sound.

COLDFEET's popular debut single, "Pussyfoot," was quickly embraced by listeners and the music press. After a successful first tour of major markets across Japan, LORI and WATUSI set to work on the "Pussyfoot" video. Set at night in the dark, storied forests near Mt. Fuji and shot by film director Iwai Shunji's "Swallowtail" crew, the piece showcased COLDFEET's mastery of visual impact and their innate flair for distinctive, surrealistic imagery. The video enjoyed heavy rotation on Japanese music programs and was highlighted on "Party Zone," a popular show that reaches 60 million households in 41 countries under the auspices of MTV Europe.

COLDFEET's novel partnership has fast become a favorite of the Japanese media. LORI and WATUSI have been featured in more than 60 music and fashion magazines, and have done dozens of guest appearances on radio and MTV Japan. Their striking, chameleonic visuals and cinematic sound have also garnered favor with the fashion industry: COLDFEET have scored music and performed for the shows of top designers such as Christian Dior (John Galliano), OHYA! (Astro Boy) and Koshin Sato (Arrston Volaju Haute Couture).

COLDFEET's albums and maxi-singles are available on SONY Music Entertainment (Japan). Their singles have charted in the top ten in Japan, and their other work, including remixes by Francois K., Truby Trio and Smith&Mighty, has been licensed and released in both North America and Europe. They continue to be highly sought after as writers, producers, musicians, and performers in the Tokyo and national music scenes.

Since 2004, COLDFEET released four 12-inch vinyl dance singles with their unique interpretations of new wave, disco, and funky house including “Bodypop,” “Superthing,” “Mop Me Up,” and “Boom, Clang, Bang.” Quickly becoming a club live show favorite throughout Japan, COLDFEET has toured with FreeTEMPO, Sugiurumn, akakage, and other top DJs. Their much awaited album, including a dance single featuring Mondo Grosso, was released in Autumn 2005.

On July 11th, 2007, COLDFEET released their 5th album, “Feeling Good” (Grand Gallery) for the first time in one and a half years. The single EP “I Don’t Like Dancing”, which includes a Daishi Dance remix, was a smash hit. The single sold out immediately and became a “must play” song at clubs. 



After changing their record label to Columbia Music Entertainment in 2008, COLDFEET released a compilation album “Footworks feat. Lori Fine”; all tracks featured Lori Fine and were compiled by Watusi. The song, “One / DJ Kawasaki feat. Lori Fine” was used as the theme song for the MOET & CHANDON NECTAR IMPERIAL campaign. 


On Dec. 10th of the same year, commemorating the 10th anniversary of their debut, COLDFEET released their 6th album “TEN”, which hit #1 on the iTunes Dance Album Chart and went on to spend several weeks there.


“TEN Remixes vol.1” which was released two weeks before the album “TEN”, also ranked #1 on the iTunes Dance Album Chart. While these two albums remained in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart, the extended versions album “On and On” was released, and all three albums were then simultaneously in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart.


In August of 2009, COLDFEET brought in a lavish team of remixers for the release of "TEN remixes". In the following November, having received Michael Jackson's official permission prior to his passing, COLDFEET released the covers album "MJ THE TOUR" attracting tremendous interest for the duo as well as the plush lineup of guests on the album.

TOP

DISCOGRAPHY

CONTACT US

Name
E-mail
Comment
 

TOP